今さら聞けないアジングのキホン:タチウオを避けてアジを釣る方法3選

今さら聞けないアジングのキホン:タチウオを避けてアジを釣る方法3選

秋になると接岸してくるタチウオ。今回は、アジンガーにとって脅威となるタチウオを避けて、本命のアジを釣る方法を考えてみた。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生
井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

タチウオが釣れる理由

小さいワームはどんな魚の口にも入る、とよく言われる。タチウオがアジング中に食ってくるのは、マイクロベイトパターンのとき、とも限らないのだろう。「なんとなく食ってみました」という感じか。

さらには、釣ったアジそのものに食ってくることも。これはアジを掛けて寄せてくる途中で、明らかにガツンとくるので分かりやすい。特に「常夜灯回り」はタチウオが集まりやすい。しかし悩ましいのが、常夜灯周りはアジの一級ポイントでもある。

今さら聞けないアジングのキホン:タチウオを避けてアジを釣る方法3選秋に接岸するタチウオ(提供:WEBライター・井上海生)

ここでひとつご注意を。アジとタチウオ、ワンタックルで二兎を追っては一兎も得ることはできないだろう。リーダーは、例えばアジングで最大の8lb程度にしても、タチウオに切られるうえ、アジがかなり釣りにくくなる。

さてそれでは、タチウオを避けてアジを釣る方法があるだろうか。

1. リバーアジング

タチウオ回避術の1つ目はずばり、河口域でアジを狙う「リバーアジング」。筆者の感覚上、タチウオは真水を嫌うのか、ほとんど河口域には入ってこない。河口域で「タチウオカッター」に遭遇したことはない。

そして、河口域での「リバーアジング」は、まだ一般には広く知られていないので、場所に人的プレッシャーもかかっていることが少ない。いいポイントを見つけておくと、シーズンを通して場所を独占してアジングができることもある。

2. 闇ポイント狙い

2点目は、真っ暗な場所を打つこと。「闇打ち」とでもいうか、常夜灯回りを避けると、比較的タチウオアタックを受けにくい。

ただ、これは比較的足場から近距離にアジのポイントがある場所に限る。というのも、アジは釣られてくるときに、フィッシュイーターに聞こえる特殊な音(波動?)を出すといわれる。それがシーバスやタチウオを呼び寄せてしまうのだ。アジを掛けた後、あまり泳がせてしまうと、デカい魚が寄ってきて、アジの群れ全体にプレッシャーが掛かってしまう可能性もある。

よって、すぐ手前にアジのポイントがあり、掛けた後にささっと釣り上げられる闇ポイントが理想である。早めに勝負をつけるために、ドラグは強めにしておいた方が良いかもしれない。

今さら聞けないアジングのキホン:タチウオを避けてアジを釣る方法3選光のあるポイントからは離れよう(提供:WEBライター・井上海生)

3. シャローを狙う

タチウオは、水中で立った姿勢で定位する魚だ。つまり、あの長い魚体を収納できるような水深がない浅瀬には、定位しないのではないかと考えられる。ベイトを追ってくることはあったとしても、だ。

今さら聞けないアジングのキホン:タチウオを避けてアジを釣る方法3選シャローポイント(提供:WEBライター・井上海生)

つまり、シャローはタチウオを避けたアジングポイントといえる。現に筆者の場合、サーフと漁港のドシャローにアジングのマイ・ポイントがあるが、そこでは年に1回程度しかタチウオカッターに遭遇していない。しかも、サーフやシャローはアジのほかに釣れるゲストも面白い。サーフの盛夏では、アジングでソゲが釣れるともよく聞く。

タチウオカッターをゼロに

今回はタチウオを避けたアジングについて考えてみた。

紹介した回避術と別に、ワームを1inch程度まで小さくする術もあるが、それだと最盛期のアジの反応は落ちる…。また、タチウオカッターがあるからといって、ワインドの装備に持ち替えて釣ろうとすると、タチウオは反応しなかったりするのが難しいところ。

基本的には上述のように場所で釣り分けるしかないが、私はこの秋こそ、アジングタックルでタチウオをしとめる術を考案中。もし成果があったら、報告します。

<井上海生/TSURINEWS・WEBライター>

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。