陸っぱりロックフィッシュゲームでタカバ登場【福岡・めかり海岸】

陸っぱりロックフィッシュゲームでタカバ登場【福岡・めかり海岸】

9月5日に北九州市門司区・めかり海岸でロックフィッシュ狙い。パワーイソメを使用して、まさかのタカバをキャッチすることができました。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・上瀧洋子)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

めかり海岸で根魚狙い

午前7時、めかり海岸に到着。今回のターゲットはメバル、カサゴ(アラカブ)、クジメ、アコウ、ハタでこの釣り場では干潮時が有利です。仕掛けにパワーイソメソフト(桜イソメ夜光・中)を付けて20mほどキャストし、ボトムに落ちてからゆっくり引き釣りをします。

陸っぱりロックフィッシュゲームでタカバ登場【福岡・めかり海岸】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・上瀧洋子)

「根藻が所々あるので、その上を泳いでいるような誘い方をするように」と、主人からアドバイスを受けました。この日は10時までの釣りですが、主人は大野さんが釣っている、めかり神社前の護岸へ行きました。

せっかく釣りに来たので30分ほどキャストを繰り返します。しかし、最干潮から上げ潮になっていて、ワイ潮が入り、上手に当て潮へと仕掛けが入るとボトム近くにエサが落ちているようです。少し引き釣りをしながらリールを巻き、小さなアタリがあると巻くのをやめてしばらく様子見です。アタリがなければ再びリールを巻きます。

25.3cmタカバの大アタリ

しばらくして、一気にサオを曲げる大アタリです。根魚釣りですから根藻に入られたら困るので、サーフのように大きくポンピングして強引に抜き上げると、なんとタカバが釣れていました。きれいな縞模様をしており、私にとっては久しぶりの大物です。

陸っぱりロックフィッシュゲームでタカバ登場【福岡・めかり海岸】釣り場の様子(提供:週刊つりニュース西部版 APC・上瀧洋子)

この場所での根魚釣りにおいて欠かせないのは長めのサオです。私が使用したものは2.5mあるので、大物でも強引に抜き上げやすいです。また、潮通しが良いのでPEライン0.8号も使い勝手がいいと思います。

そして、パワーイソメは5cmの長さに切り、3匹掛けして魚にアピールして食わせます。この釣り方は主人から教えてもらい、これまで何度も大物が釣れており数釣りもしています。ちなみに、この釣り方は河口のハゼ釣りにも効果があります。

しばらくして主人が戻って来て「釣れた?」「クーラーの中を見て」と私。主人は驚いていました。計測してみるとタカバは25.3cmでした。やっぱり魚釣りは何が釣れるか分かりません。

サビキでアジ・クロも

この後、主人も釣り始めましたが小ダイ、ベラ、カワハギなどが釣れて10時に納竿しました。

陸っぱりロックフィッシュゲームでタカバ登場【福岡・めかり海岸】ポイント図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・上瀧洋子)

めかり神社から関門橋下まで広く釣っていた大野さんは、帰りがけに主人が釣果を聞くと、カサゴ3尾とクジメ1尾が釣れたそうで、いずれも15~20cm級で結構アタリも多かったようです。また、周辺には釣り人が5人いてサビキ釣りでアジやクロも釣れていました。

<週刊つりニュース西部版 APC・上瀧洋子/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
めかり海岸
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年9月25日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。