『青物銀座』でイナダ&ヒラソーダ手中 『弓角』が有利?【三保飛行場】

『青物銀座』でイナダ&ヒラソーダ手中 『弓角』が有利?【三保飛行場】

9月14日、『青物銀座』と形容されることもある静岡県静岡市の三保飛行場前で、ジグと弓角を使いタチウオと青物を狙った。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・永井航)

Wataru_Nagai

はじめまして。釣りの守備範囲は金魚から大型青物まで!大学では海洋生物を専攻していたので多角的な分析もしたいと思います。

×閉じる

ソルトルアー ショア

三保飛行場前で青物&タチウオ狙い

9月14日、静岡県静岡市の三保飛行場前で青物を狙った。

三保飛行場前といえば、静岡県内はもちろん県外にも広く知られた釣り場。遠方からの釣り人も多い超一級ポイントといえる。当日も午前2時30分には釣り場に着いたが、平日にもかかわらず、すでに多くの釣り人で賑わっていた。

『青物銀座』でイナダ&ヒラソーダ手中 『弓角』が有利?【三保飛行場】当日入釣したサーフ(提供:WEBライター・永井航)

日が出るまではタチウオを狙うことにした。タチウオ狙いのタックルはロッドがラテオ100MHにリールはレグザ5000D-CXH、PEライン1.5号にリーダーはフロロカーボンライン7号を接続し、ジグは30~40gと弓角を使用した。

駿河湾に飛び出したような地形の三保半島は、急深な地形が多くタチウオが岸近くに寄ってくることが多い。タチウオ狙いの釣り船が岸から100m以内にいることもあるくらいだ。しかし、当日は私だけでなく周囲の釣り人もタチウオの釣果はない。アタリもなかったところを見ると、回遊がなかったようだ。

ジグでオオモンハタ

日の出時刻も迫る。経験上青物の回遊までまだ時間があると判断し、フラットフィッシュでもいないかとジグをショアスロージグにかえた。キャストから底を取りシャクり上げ、フォールを入れるとヒット。

あまり強くはないが度々頭を振るような引き込みがあるため、小型のマゴチかと思ったが、手前まで寄せると30cmはありそうなオオモンハタらしき魚だ。「ラッキー」と思い、ズリ上げようとしたが波に巻かれて痛恨のバラシ。気を取り直し、再びキャストすると同じようなパターンでヒット。今度は無事キャッチするまでに至ったが15cm程度のオオモンハタだ。

弓角でイナダ

「そろそろ青物が来るかな?」と思い、ジグをショアスロータイプから飛距離を出しやすいタイプに変更して待っていると、待望のナブラが発生。右側から発生したはナブラはゆっくりとこちら側に移動し、しかも射程圏内というビッグチャンス。

しかし、どうも右側にズラリと並ぶジギンガーへのヒット率が悪い。ナブラを通しているのに5、6人に1人しかヒットしていない。これはおかしいな…と感じた私は、急いでジグから弓角に変更。ナブラが来るまでに猶予があったため、弓角をキャストして表層を速巻きすると、魚が何匹も弓角に突っ込んだり跳ねたりしながら弓角を追ってくる。

そのうちの1匹なのだろう。待望の青物のヒットだ。イナダになるかどうかという大きさではあるが、最後の最後まで抵抗を見せ、青物らしい力強いファイトを楽しめた。

『青物銀座』でイナダ&ヒラソーダ手中 『弓角』が有利?【三保飛行場】弓角で一発ゲット(提供:WEBライター・永井航)

ナブラ撃ちで即ヒット!

写真撮影もそこそこに、今度はナブラが十分に寄ってきたため、ナブラ打ち。ナブラ打ちでキャストして巻き始めの直後にヒット。文字通り入れ食いだ。今度は先ほどよりも少しパワフルだ。波打ち際でなかなかの抵抗を見せて、一瞬ではあるが引き波に乗ってドラグを滑らせるほどだった。

やはり1匹目よりも少し大きいサイズだ。ここでナブラは私から離れてしまい、ビッグチャンスも終了。しばらく釣りを続行するも魚の反応はなくなってしまった。

『青物銀座』でイナダ&ヒラソーダ手中 『弓角』が有利?【三保飛行場】2匹目はサイズアップ(提供:WEBライター・永井航)

次のページで「ヒラソーダ」登場!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。