今さら聞けないアジングのキホン:『リバーアジング』は成立する?

今さら聞けないアジングのキホン:『リバーアジング』は成立する?

アジは海の回遊魚だが、河口にも差し込む。汽水域にアジがいると知っている人は多くないので、好ポイントが確保できなければ、リバーアジングをやるのも一つの手だ。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

アジが河口に付く理由

河口にも付くアジ。大体どれくらいの流域までに付くのか、それははっきりとしない。完全に塩分濃度がゼロの場所にはいないだろうが、私の経験上、大阪の淀川河口1km程度のところで釣ったこともある。川の水が真水になり、バスが現れるようなところにはいない。

今さら聞けないアジングのキホン:『リバーアジング』は成立する?河口から1km程度まではアジが入る?(提供:WEBライター・井上海生)

なぜ汽水域にアジが付くのか。答えはシンプルだ。山間を流れて豊富な栄養をたくわえた水が注ぎ込む河口は、アジにとって格好のプランクトンの捕食場所。一度入ると、外敵も少ないためか、居付く個体が多い。つまり、大体いつも彼らが同じポイントで釣れる。

リバーアジングのタックル

河口でアジを釣るのに、特別なタックルを用意する必要はない。

5~6ft台のロッドに、1000~2000番リール、1g前後のジグヘッド、1.5inch前後のワーム。このようなスタンダードなアジングの道具で、リバーアジングが成立する。

しかし、一つだけ注意したいのが、ラインの管理。特に流れが強い河口域で釣りをする場合には、ラインメンディング(ラインとロッドを持った自分の位置をまっすぐにすること)が難しい。底にゴロタが入っている場合は、ライン管理がお粗末になると、ロストが頻発する。

釣り方

流れの強いポイントでのリバーアジングは、川上に投げて、流れに押されるリグが自分の体の正面(その延長線上)までくるところを、アジへの誘いをかける範囲として釣るとやりやすい。つまり、打つポイントをかえたいときには、自分が足を使って動く。

そして、この釣りに習熟してくれば、ラインはできるだけ細いエステルを使いたい。理想的なのは、0.2号。水なじみが非常によく、川の流れの影響を軽減できる。

次のページで、「河口域のアジは食べられる?」

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。