【関西2020秋】陸っぱりタチウオゲーム攻略法:メタルジグ編

【関西2020秋】陸っぱりタチウオゲーム攻略法:メタルジグ編

ショアからタチウオを狙う場合、朝・夕の時合いでオススメなルアーが「メタルジグ」。アクションや使いドコロをしっかりと押さえておこう。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

開幕直後はジグがおすすめ

例年、タチウオの開幕後、シーズン序盤はメタルジグに反応がいいといわれる。これは筆者も実際そのように感じる。沖合いから入ってきたタチウオが、まだメタルジグの動きやキラメキにスレていないからだろう。

しかし、波止に釣り人が立錐の余地なく立ち並び、ジャンジャンとメタルジグが投げられるようになってくると、ほとんど食わなくなることもある。その上、ショアジギングは狭い間隔でやる釣りではない。オマツリが多くなるので、気をつけよう。

しかしシーズン序盤、それも運よく人が少ないポイントに入れたときには、時合いにはメタルジグを投げてみることをおすすめする。何より、メタルジグで釣ると面白い。ワインドがどちらかといえばタチウオに「寄せた」釣り方であるに対し、メタルジグは「誘って掛ける釣り」だ。バイトがきたときは、思わず「よし」と声が漏れるほど気持ちいい。

ジグの重さは20~30g

ショアタチウオのスーパーライトショアジギングに使用するメタルジグの重さは、大体20~30gくらいだろうか?使用するPEラインが0.6号程度なので、よほど潮がかっとんでいるような海でない限り、この重さで十分に底が取れる。

【関西2020秋】陸っぱりタチウオゲーム攻略法:メタルジグ編メタルジグ(提供:WEBライター・井上海生)

ベイトがいるレンジが重要

ここで、私見を述べたい。多くのアングラーやプロダクターは必ず時合いのタチウオはボトムをネチネチやるように、といった言い方をする。しかし、私は、確かに底が取れる重さがあることは大事だが、ボトムに絞った釣りをいいと思わない。

暗くなりきらない時間では夜行性のタチウオはボトムにつく、というのが一般論のようだ。では、彼らのベイトフィッシュはどうか?アジやサバやキビナゴなどは、時合いにはどんなレンジにもいる。表層でボイルしていることもある。

つまり、メタルジグを投げるにしても、その日ベイトフィッシュの活性が高いレンジを見つけることが大事なのだ。そのレンジを中心に攻める。タチウオの群れをスレさせないために、私としては表層から始めて、ボトム付近へとレンジを落としていく順番をおすすめしたい。

スロージャークで攻略

青物は「ジャカジャカ巻き」といわれる、表層の荒い巻きが推奨される。これは青物の速い遊泳力に合わせた釣法だ。ジャークもワンピッチワンジャークの、速めが定石。しかし、タチウオ相手にそのような強気の攻め方は不要だ。

タチウオは、捕食が下手な魚。水中では立って定位しているといわれる。そんな魚が、速いジャークや巻きを追えないのは、なんとなく想像がつくだろう。タチウオ相手のジギングに必要なのは、ゆっくり目のジャーク。何より、要所要所で織り交ぜる「フォール」が超重要。ジグを見て追っていたタチウオや、目の前に突然ベイトらしきものが落ちてきたタチウオは、このフォールの動きにリアクションバイトする。

【関西2020秋】陸っぱりタチウオゲーム攻略法:メタルジグ編スロージャークで仕留めたタチウオ(提供:WEBライター・井上海生)

次のページで「ジグのコストを減らす方法」を紹介

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。