ジギングでメバチマグロ28kg浮上 1時間の死闘を制す【三重・トロ丸】

ジギングでメバチマグロ28kg浮上 1時間の死闘を制す【三重・トロ丸】

8月18日、三重県志摩市越賀のトロ丸で、今年3回目のマグロ狙いのジギングに行ってきた。本命はキハダだったが、1時間の死闘でメバチマグロを捕獲した釣行をレポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 山本憲史)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

トロ丸でジギングマグロ

当日は、三重県志摩市越賀のトロ丸に午前4時集合。ジャンケンで釣り座を決める。ジャンケンに勝つといつもミヨシに乗せてもらうが、今回は気分を変えてトモに乗ることにした。

荷物を乗せて、ポイントまで横になって待つ。トモに乗るのは久しぶりだ。スパンカーも取り外してあり、以前より広々。風と揺れで気持ちよく眠れる。

ポイントの状況

ポイントに到着し早速スタート。船長のアナウンスでは80m付近にものすごい反応がある様子だ。水面に小さなトビウオが飛んでいたので、私はロッドがクロスボーダー60#にブルーヘブンL50Pw、PEライン3号、リーダー70lbに、スピンドル210gを落とす。

ひと流し目は100~50m付近を探る。100mにジグを入れるなら、ラインは150mほど出す。ラインは斜めなので30mぐらいシャクると、ジグは50m付近。それから落とし直して次は200mラインが出たところで、100m付近にジグがあるだろうと思いながらタナを探っていく。

3回目になるとラインを300mぐらい出すことになるので、シャクってもジグが持ち上がらず回収して入れ直す。2流し目はスパイN250gで同じタナを探っていくが、潮が速くてロッドが返ってこない。

止まらないライン

3流し目はロッドを8番に替え、ジグはFB300gを落とす。いつもなら500gまでお守りで持っていくが、今回に限って300gまでしか持ってきていない。開き直って100m付近は捨てて、80~30mを探ることにすると、落とし直し5回ぐらいで回収するようになった。

何度か繰り返して200mほどラインを出し、30m付近まで探ってくると、モゾモゾッとアタリが…。上げで食ってきた!「食ったよ~」と言った瞬間、走りだした。潮に乗ってか水温が高いからか、一気に50m走っても止まる気配なし。

1時間の死闘

親指と人差し指で指ドラグ…。アチッチッ!

さらに20m走ってやっと止まった。止まってからは素直に上がってきたが、残り50mで嫌がりだして、ジワジワと100mまで潜られて止まった。巻いて残り50mでまた潜られての繰り返し。

そのうち親指が水膨れになり、皮がめくれて思うように握れないので人差し指だけで指ドラグをかけ、1時間ぐらいかかってしまった。

ジギングでメバチマグロ28kg浮上 1時間の死闘を制す【三重・トロ丸】ファイトは1時間に及んだ(提供:週刊つりニュース中部版・山本憲史)

次のページで28kgメバチマグロ浮上!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。