相模湾SLJゲームで「11魚種」達成 極細PEライン&専用フックで攻略

相模湾SLJゲームで「11魚種」達成 極細PEライン&専用フックで攻略

9月9日、ライトなタックルで気軽に楽しめる釣りとして全国にブームが広がっているSLJゲームを行いに、相模湾へ出かけた。極細PEラインと専用フックを駆使して、11魚種の釣果となった釣行模様をお届けします。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

極細PEラインでSLJゲーム

9月9日、バリバススタッフの新井恵愛さんと「さとねぇ」こと佐藤智晃さん、諸井凛さんの3人が、ガイド船「アンリミテッド」で相模湾のSLJゲームへ出かけた。

まず向かったのは葉山マリーナから15分ほどの沖。鳥が船上を旋回する砂地のカケアガリ。「まずはサバを中心にマダイなんかも釣れる場所でやりましょう」と池上キャプテン。

各々のタックルは専用ロッドに中型スピニング。PEは「アバニ SLJ マックスパワーPE X8」で新井さんが0.8号、佐藤さんが0.6号、諸井さんはラインナップ最細の0.4号をセット。

相模湾SLJゲームで「11魚種」達成 極細PEライン&専用フックで攻略当日のタックル(作図:週刊つりニュース関東版・編集部)

サバ、イナダ、イトヨリがヒット

マリーナから15分程で船上を鳥が旋回する水深40m前後の釣り場に到着。砂地のカケアガリを流すと、佐藤さんにヒット。惜しくもバレてしまったが「マダイかもしれないね」とキャプテン。

その後はサバが連発。全員がキャッチし、さっそく3人同時ヒットもあり、バラすたびに「マイナス1点だ」などと盛り上がる。

0.4号の諸井さん丸々太ったサバを相手に余裕のファイト。そして、同場所ではイトヨリを追加。

相模湾SLJゲームで「11魚種」達成 極細PEライン&専用フックで攻略イトヨリ追加(提供:週刊つりニュース関東版・編集部)

さっそく、2魚種達成。そして、池上さんはイナダ(ブリの幼魚)をキャッチ。これで既に船上3魚種達成。

相模湾SLJゲームで「11魚種」達成 極細PEライン&専用フックで攻略イナダをキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版・編集部)

サバは持ち帰る分は首を折って血抜きしてクーラーへ。魚体に触らず船の外でフックを外してリリース。

次のページでロックフィッシュゲームへ転戦!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。