フカセ釣り『潮受け用ウキゴム』5つのメリット 極小アタリも取れる?

フカセ釣り『潮受け用ウキゴム』5つのメリット 極小アタリも取れる?

ウキフカセの必須アイテム「潮受け用ウキゴム」。潮をとらえる役目以外にも、使用する意味があるのをご存じだろうか。今回は、その使用メリットを紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・兵頭良弘)

兵頭良弘

大阪府交野市在住。磯、波止、船釣りなど、ほぼオールジャンルで釣りを楽しんでいる。古くから親しんできた磯のグレのほか、波止チヌフカセや船釣りにもシフトしている。

×閉じる

その他 お役立ち

使用サイズの目安

潮受け用のウキゴムを使用する際のサイズ基準については、私の場合、通常時はMなどの中間サイズでイエローを選択する。潮が速すぎて仕掛けが浮き過ぎるような時はサイズを落とし、潮の抵抗をかわしてやる。逆に潮が緩く潮受けが弱い状況下では、大きめのサイズにするなど、適宜、変化する海の状況に対応して交換するように心掛けている。

フカセ釣り『潮受け用ウキゴム』5つのメリット 極小アタリも取れる?潮受け用ウキゴム使用時の仕掛け例(作図:WEBライター・兵頭良弘)

フカセ釣りおいて脇役的な潮受け用のウキゴムだが、使い方や使う状況次第で主役を張れるアイテムだと言えるだろう。

<兵頭良弘/TSURINEWS・WEBライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。