茨城沖アカムツ釣りで本命2尾 自作仕掛けでキャッチ【丸天丸】

茨城沖アカムツ釣りで本命2尾 自作仕掛けでキャッチ【丸天丸】

8月23日(日)、茨城・波崎新港の丸天丸からの高級魚アカムツを狙って釣行。厳しい状況下で本命2尾を仕留めてお土産をゲット!絶品の「炙り寿司」のレシピも紹介します。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版・杉田千紘)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

丸天丸でアカムツ狙い

茨城・波崎新港の丸天丸は、釣行前日の釣果も好調で、当日も期待大の満船で出港しました。

私はアカムツが大好物で、春夏秋冬で釣りに行きます。暑い時期の特徴は、産卵する個体が浅場へ移動してきているため、狙う水深が浅いということ。使うオモリは軽くアタリがダイレクトに伝わり、巻き上げが早いのでバラしにくいです。海は穏やかな日が多く「初心者も気軽に狙える良いシーズン」と言えますね。

当日のアカムツ仕掛け

茨城沖アカムツ釣りで本命2尾 自作仕掛けでキャッチ【丸天丸】アカムツタックル例(作図:週刊つりニュース関東版 杉田千紘)

アカムツ釣りの仕掛けは自作のものを持参しました。使用した「バリバス ハードトップ船ハリス」はグリーンの配色が海によくなじんで魚に違和感を与えません。食いが上向くため、いつも使用しています。ハリはホタムツの17号。エサはホタルイカを用意。

茨城沖アカムツ釣りで本命2尾 自作仕掛けでキャッチ【丸天丸】エサはホタルイカ(提供:週刊つりニュース関東版 杉田千紘)

サバが釣れたらそれを切り身にして使うつもりです。

茨城沖アカムツ釣りで本命2尾 自作仕掛けでキャッチ【丸天丸】サバが釣れたらエサにします(提供:週刊つりニュース関東版 杉田千紘)

基本の釣り方

ポイントまでは航程1時間ほどで到着。さっそく1投目、水深は130m前後で実釣開始。

1.オモリが着底したらイトフケを取って、1度空アワセ
2.そこでググッとアタッたら巻き上げる
3.アタリがなければ置き竿にして、オモリが底トントンでキープ

手に持って誘ったりもしますが、これまで20回ほど釣行した経験上、前記が最もアタリが明確にとれて釣りやすいと思います。

茨城沖アカムツ釣りで本命2尾 自作仕掛けでキャッチ【丸天丸】アカムツかな?(提供:週刊つりニュース関東版 杉田千紘)

5投目で中型アカムツ

1投目は不発。2投目からは船でポツポツと本命が上がり始めます。3投目で釣れたのはサバ。アカムツはまだきません。4投目でサバではない何かがヒット!巻き上げてくると定番ゲストのサメ。うーん…私だけが釣れていない。しかし、焦りは禁物。こういう時ほど丁寧にエサ付けをして再投入。

5投目でグググッ! ついに本命らしい反応をキャッチ。丁寧に巻き上げてくると途中でアカムツと断定できるような竿のたたき。これは期待大です。やがて、海面には赤いシルエットが。この日初の本命ゲット、やった! タモ入れしてもらい、安心して記念撮影。中型のアカムツが釣れました。

茨城沖アカムツ釣りで本命2尾 自作仕掛けでキャッチ【丸天丸】やっと本命ゲット(提供:週刊つりニュース関東版 杉田千紘)

最後に本命追釣

さあ、再投入。そこから誘いを繰り返すも潮止まりの時間。船中、ポツポツと上がりますが、前日とは少し状況が変わってしまったようです。それでも人によっては釣っています。

残り時間がわずかになってきました。ここで朝釣ったサバをさばいて、キラキラと光る腹側の部分を短冊にして、ホタルイカと抱き合わせにします。置き竿でアタリを待っているとグググッ。先ほどと同じアカムツっぽいアタリ。「これは絶対、アカムツだ」。ワクワクしながら巻き上げてくると求めたとおりの魚。最後の最後で嬉しいアカムツを追加です。

皆が同じエサを使い、同じ状況の中で、滑り込みで本命が釣れたのは、エサはもちろん自作仕掛けが海にうまくなじんでくれたことが良かったのではないかと思います。

本命アカムツは2尾

船中の釣果は0~3尾。食べる分に十分な2尾が釣れて良かったです。また、挑戦して今度は大きなメタボアカムツを釣りたいです。

茨城沖アカムツ釣りで本命2尾 自作仕掛けでキャッチ【丸天丸】高級魚アカムツゲット!(提供:週刊つりニュース関東版 杉田千紘)

次のページで『アカムツの絶品炙りずし』のレシピを紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。