沖磯『トップシーバスゲーム』で60cm級強烈バイト堪能【熊本・天草】

沖磯『トップシーバスゲーム』で60cm級強烈バイト堪能【熊本・天草】

8月15日、上天草市・樋島の渡船、昭丸(あきまる)にて、沖磯でのトップシーバスに挑戦。ベイトのイワシを意識し、本命60cm級をキャッチした釣行をレポート。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

当日のタックルと釣り方

8月15日、前日の船釣りから一転、今度は上天草市・樋島(ひのしま)にある渡船、昭丸(あきまる)にて、磯でのトップシーバスに挑戦。午前4時に船長のご好意で磯に渡してもらい、早速準備。

タックルはエギングタックルで、使用ルアーは、7~9cmのトップウオーターやシンキングペンシルを使い、シーバスのトップゲームを楽しむ。

沖磯『トップシーバスゲーム』で60cm級強烈バイト堪能【熊本・天草】筆者のタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

トップゲームのルアー操作

まずは同行の藤本さんにトップウォーターの動かし方をレクチャー。手首と人差し指を使い、リールを巻く手は動かさず、ロッドを下に少したたくようにアクションすると、ルアーはきれいに左右に首を振り、シーバスを誘惑する。

ベイトとなるのはカタクチイワシで、これが水面をくるくる回ることでシーバスの意識が海面に向けられ、トップウォーターゲームが成立する。そのくるくる回るイワシを演出できるかどうかが釣果に影響してしまうので、アクションは基本に忠実にし、ルアーをきれいに泳がせられないと釣果に差がついてしまう。

タイラバにヒラがヒット

4時に渡してもらったものの、朝日が出ないとイワシちゃんは海面に出てこないので、それまで遊びの釣り。すると、キャスティング・タイラバをしていた藤本さんにヒラがヒット!

藤本さんは初ヒラだが「食べられます?」という質問に「デカいやつは脂乗ってればうまいですが、骨が多くて、細く細く切って食べないと食えません」と伝えると、すぐにリリース。

「まぁでもヒラがいるならベイトとなるイワシがいるはずですから、期待できますよ」。

バイブレーションで本命40cm級

朝日が昇るかな?って時に水面に「モアッ!」「いますよ!」「あ~やってるやってる!」。すぐに投げるが反応がない……。「どういうこと?」。レンジ深い?

トップウオーターからレンジバイブ70にチェンジに高速巻きしてくると「ガツン!」「きたよ~」。最初のシーバスは40cmクラスのシーバス!

「イワシのレンジが上がらない?」「でもたまにトップに出るトップでやり通すかな」。バイブレーションで釣れたものの、サイズが小さいので、またトップに変更。

次のページで待望の良型シーバス登場!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。