最盛期『相模湾シイラゲーム』 ライトライン使用がスキルアップの肝?

最盛期『相模湾シイラゲーム』 ライトライン使用がスキルアップの肝?

バリバステスター・石井修二さんに同行して相模湾のルアーシイラゲームへ平塚の庄治郎丸から出船した。細いラインを使用したシイラゲームの魅力と攻略法を紹介しよう。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版・佐藤)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

相模湾でシイラゲーム

8月6日(木)、バリバステスター・石井修二さんに同行して相模湾のルアーシイラゲームへ。平塚の庄治郎丸から出船。受付のあと、さっそく船に乗り込む。

最盛期『相模湾シイラゲーム』 ライトライン使用がスキルアップの肝?当日のタックル(提供:週刊つりニュース関東版・佐藤)

今回、メインで使用したタックルはロッドがパームスSTGS76MLにソルト用スピニングリール3500番の組み合わせ。メインラインは「バリバス アバニ キャスティングPE マックスパワー X8」1号。

シイラゲームではPE2号が標準とされているが、ゲーム性、ルアー飛距離、ラインコントロールの点から石井さんはライトな1~1.5号を推奨。リーダーは「オーシャンレコードショックリーダー」35lb。メインラインの約2倍の強度が目安となる。また、リーダーの長さは、キャスト時にノット部分が指に掛かる長さ。したがって、一定ではなく、ロッドの長さによって調整している。

最盛期『相模湾シイラゲーム』 ライトライン使用がスキルアップの肝?使用したライン(提供:週刊つりニュース関東版・佐藤)

メーターオーバーの姿も

定刻の6時に出船。沖の潮目を目指してナギの海を南下。1時間ちょっと走った漂流物のたまりで2尾。7時35分には板橋区の関さんにメーターオーバーがヒットしてランディングに成功。

最盛期『相模湾シイラゲーム』 ライトライン使用がスキルアップの肝?船中ではメーターオーバーも(提供:週刊つりニュース関東版・佐藤)

しかし、この日の潮色は今ひとつ。紺碧の澄んだ潮をイメージしていたが、梅雨の長雨のせいか白く濁っている。その影響があるのか、シイラの活性はパッとしない。

4キャッチで納竿

船はさらに南下。流木や漂流物を打っていく。9時30分、やっとやる気のある群れに遭遇して、船中次々とシイラが取り込まれる。石井さんもアベレージサイズをキャッチ&リリース。

最盛期『相模湾シイラゲーム』 ライトライン使用がスキルアップの肝?アベレージサイズがヒット(提供:週刊つりニュース関東版・佐藤)

このあと、納得できるサイズをネットイン。最終的に5ヒット4キャッチで終了。

最盛期『相模湾シイラゲーム』 ライトライン使用がスキルアップの肝?納得サイズをキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版・佐藤)

次のページで使用タックルを紹介!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。