陸っぱりライトゲームでタチウオ3匹をキャッチ【名古屋港・西3区】

陸っぱりライトゲームでタチウオ3匹をキャッチ【名古屋港・西3区】

7月18日、愛知県弥富市の名古屋港西3区へライトソルト釣行。タチウオを探しつつ、手堅くロックフィッシュを狙った。本命を無事キャッチできた釣行をレポートしたい。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

名古屋港でライトゲーム

午後8時半に名古屋港西3区に到着。潮は下げに入っており、すでに低めの状態だ。当日午前中の雨の影響で、濁りに加えて水面の所々にゴミが浮いている。しばらく眺めているとゴミは流れで移動していくものの、釣りづらい状態だ。

準備をして早速開始。今回はまだいるかどうか分からないタチウオを探しつつ、手堅いロックフィッシュを狙う。まずはタチウオだ。レベリングヘッド1gにスパテラ2インチの組み合わせで、表層から中層をストレートリトリーブで広くサーチしてみる。

だがジグヘッドが届く範囲内では反応がない。しばらく粘ってみるが、水は濁ってるわゴミは流れまくりだわ、おまけにセイゴの姿すら見えず早くも諦めモード。水面にはハクらしき小魚の群れが泳いでいる。ベイトはいるので、セイゴもタチウオもいてもおかしくないのだが、ボイルはない。

リトリーブでタチウオがヒット

うん、もうタチウオは諦めてセイゴを狙っちゃおう。レベリングヘッドを2.5gにウエートアップ。スパテラもシルバーラメの入った小魚っぽいものにチェンジ。遠投して速巻きしてさっさとセイゴでも釣ろう。

キャストし着水直後からリトリーブするやいなや、ロッドに何か引っかかったような感触が伝わってきた。「1投目からゴミかよ…」と思いきや、微妙に手応えがある。

小魚?と回収すると何とタチウオだ。サイズは指2本。やはり表層のベイトを狙っていたようだ。諦めていただけにうれしい1匹。

陸っぱりライトゲームでタチウオ3匹をキャッチ【名古屋港・西3区】一匹目はスパテラの遠投でヒット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

岸壁フォールでカサゴ

タチウオがいるならと、ハネエビ3gにチェンジ。ボトムワインドで誘ってみる。しかし思うようにはいかない。しばらく沈黙ののち、粘ってようやく1匹追加。

沖からチェイスしてきたのだが、ヒットしたのは足元の回収直前、水面直下だった。活性が高い場合は水面からタチウオが泳ぎ回っているのが見えるのだが、そこまでの状態ではないようだ。

2匹キャッチで心に余裕ができたので、ロックフィッシュを狙う。ジグヘッドを0.5gに戻して、岸壁フォールでカサゴをキャッチ。

陸っぱりライトゲームでタチウオ3匹をキャッチ【名古屋港・西3区】フォールでヒットしたカサゴ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

ボトムリトリーブでカサゴ追加

1gにウェイトをアップし、シルキーシャッドでボトムリトリーブするとカサゴがヒットだ。

陸っぱりライトゲームでタチウオ3匹をキャッチ【名古屋港・西3区】ボトムリトリーブでもヒット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

再びハネエビでのワインドでタチウオを狙ってみるが、反応が得られない時間が続く。まれにバイトがあるものの激ショートバイト。もうこうなったら、イチかバチかで口の中に入るサイズのルアーに替えよう。レベリングヘッド小針0.5gとスパテラ1.5インチにチェンジ。

まさかのサッパがヒット

表層を探ると、クンクンとティップを抑え込むようなタチウオ独特のバイトが出た。やはり表層のベイトを意識しているのか。しかしなかなかティップが入らない。

数回のバイトの後、ようやく入ったと思いきや、手応えがやたらと軽い。ヒットしたのはサッパだった。この渋い状況ではサッパでも釣れればうれしい。

陸っぱりライトゲームでタチウオ3匹をキャッチ【名古屋港・西3区】サッパもジグヘッドに食ってきた(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

タチウオを追釣し納竿

そう思いながら、同じように探っていると、今度は一気にティップが入った。これは引きが全然違う。上がってきた魚体は長く銀色に輝く、ちょっとだけいいサイズのタチウオだった。

その後も頑張ってみるものの、状態は渋く追加ならず。午後11時にロッドオフとした。タチウオのキャッチは3匹だったが、久々にタチウオの顔が見られて満足だった。

<週刊つりニュース中部版 APC・松田久史/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年8月14日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。