スロージギングでマダラ手中 3枚潮苦戦でアラは不発【石川・遊心丸】

スロージギングでマダラ手中 3枚潮苦戦でアラは不発【石川・遊心丸】

夏の能登のオフショアゲームの定番になったのが、アラやタラを狙ったスロージギングだ。7月22日、石川県・富来町西海漁港から遊心丸に乗り、当地のスロージギングの様子を追う。

石川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

能登・遊心丸でスロージギング

7月22日、石川県・富来町西海漁港から遊心丸に乗船し、スロージギングの様子を追う。午前4時前に出船。当日は沖合の風波が強かったため、船速を落として航行。ポイントまで2時間以上かかった。到着したポイントの水深は150m超。比較的浅い水深でアラやマダラが狙えるのは、北陸エリアの特徴だ。

スロージギングでマダラ手中 3枚潮苦戦でアラは不発【石川・遊心丸】タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 編集部)

朝イチにマダラをゲット

乗船者は、まず300gのジグを投入し、潮を見る。船長の話通りの3枚潮で、表層と底はほぼ停滞しており、中層が激流、おまけに風は中層の潮と垂直に交わっており、非常にハンデが大きい状況だ。

スロージギングでマダラ手中 3枚潮苦戦でアラは不発【石川・遊心丸】ボトムを探る(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

それでも魚影の濃さに助けられ、朝一番にマダラの群れに遭遇。短い時合だったが、各自2~3匹をキャッチし、お土産を確保した。

イカメタルのようなスローな誘い

このときのヒットパターンは底から2m以内を、リフト&フォールで攻略していく手法。3ストロークほどロッドを上下させて誘ったら、8~10分の1ピッチで少しだけリールを巻き、徐々に上へと誘い上げていくのが有効だった。

スロージギングでマダラ手中 3枚潮苦戦でアラは不発【石川・遊心丸】スティンガーバタフライ・ペブルスティック(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

ちなみに、ジグをアクションさせる際も、ソフトに誘う必要があった。理由は、中層の速い潮にラインが引かれているため、インパクトが強いとジグが跳ね、すぐに魚の捕食層から飛び出してしまうからだ。そのため、ゆっくりリフトし、テンションを残したままフォールさせて誘うという、まるでイカメタルのような展開となった。

渋い状況でマダラ追加

こうしてマダラのお土産を確保したところで、船は本命ポイントに移動。アラに狙いを絞っていった。30分以上走って新たなポイントに到着。先日は日が昇り切った時間に、ロングタイプのジグのオールグローで立て続けて釣れたという。

スロージギングでマダラ手中 3枚潮苦戦でアラは不発【石川・遊心丸】マダラ確保(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

各自誘いを繰り返すが、ここでも中層の潮だけ極端に速く、オマツリが頻発した。

多彩なゲストも

魚探では、ベイトのメギスの大群が確認できるが、肝心の底潮が停滞しているためか、底物ですらなかなか口を使わない。昨年は、アラが食わない時間帯も大型のタヌキメバルやユメカサゴ、オキメバルなどが面白いように釣れ、盛り上がった記憶があるが、当日は、これらの魚も食傷気味だった。

スロージギングでマダラ手中 3枚潮苦戦でアラは不発【石川・遊心丸】悪条件のなかキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

そのなかでも、常連のアングラーはポツポツながらマダラやタヌキメバルを追加。メンバーの集中力が途切れそうになるのを、ロッドを曲げて静止してくれた。

潮の改善に期待

船長も、事態を改善するため大移動し、何カ所もポイントを回ってくれたが、それをあざ笑うかのように中層の激流がつきまとい、アングラーを苦しめた。正午過ぎ、まだアラは上がっていなかったが、風が強まる予報だったので大事をとって納竿となった。

スロージギングでマダラ手中 3枚潮苦戦でアラは不発【石川・遊心丸】当日の釣果の一部(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

今釣行は、動かない底潮と、中層の激流に邪魔され、思うようなゲームが展開できなかったが、潮が改善されれば状況は好転すると思う。

ちなみに、富来の近海では、日中はライトジギングでマダイや青物、夜はアカイカが好調。手軽に遊べるこれらの釣りとセットで、ぜひ富来に出かけてみてはどうだろうか。

<週刊つりニュース中部版 編集部/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
遊心丸
出船場所:西海漁港
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年8月7日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。