イカメタルでパラソル級含み40尾 フォールとステイがキー【海遊丸】

イカメタルでパラソル級含み40尾 フォールとステイがキー【海遊丸】

7月15日、長潮。福岡市西区姪浜・能古島渡船場横から出船している海遊丸を利用し、玄界灘でイカメタルを楽しんできた。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・吉川徹)

TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

海遊丸でイカメタル釣行

午後5時30分に海遊丸でイカメタルゲームに出船。この日は、波高2mから1.5mでウネリが残る予報だった。玄界島横を通過して外海に出ると波高1.5mはない感じ。約1時間でポイントに到着した。

船長がパラシュートアンカーを入れ釣り開始。水深約50m。まだ明るかったため、ケイムラ系をセットしようと思ったが定番カラーの鉛スッテに赤緑、ドロッパー(浮きスッテ)に赤黄と赤白をセットし、当たりカラーを見つけることにした。

イカメタルでパラソル級含み40尾 フォールとステイがキー【海遊丸】筆者のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・吉川徹)

早速、胴突き仕掛けの同船者にヒットしたがリリースサイズのようだった。私にもヒットしたが同サイズのためリリース(赤緑にヒット)。ドロッパーのひとつを赤緑にチェンジ。だが、まだボトム付近の鉛スッテにしかヒットしない。

オモリグにかえコンスタント

漁火点灯。時間が経つにつれ、ヒットレンジが上がってくることを祈る。しばらく沈黙の時間。そんな時はオモリグで攻めてみる。

エサ巻きスッテ(早福型)と2.5号のエギ(モンローエギ夜焚きチューン)の2タイプを使用。軽くアンダーハンドでキャストし、着底後2~3回シャクり、ステイを2回1セットで。

同船者がヒットしていない時でもレギュラーサイズだがコンスタントにヒットすることができた。

ゆっくりフォールと長めのステイでパラソル

10時30分、メタルタックルへ持ち替えた。同船者が魚にラインを切られたため、スッテとドロッパーを魚対策用のピンク系にチェンジ。水深40mでアタった。良型キャッチ。

35mからフォールレバーでフォールスピードを遅くすると、先ほどのヒットレンジ40mで止まった。同サイズをキャッチ。フォールでアタらない時は、ステイの時間を5~15秒まで試してみた。このふたつの攻め方で夏イカサイズに交じりパラソル級も数尾キャッチできた。

イカメタルでパラソル級含み40尾 フォールとステイがキー【海遊丸】2通りの攻め方でパラソル級もいただき(提供:週刊つりニュース西部版 APC・吉川徹)

最終釣果

この日、イカのヒットレンジはあまり上がってこず35mまでだった。終わってみれば全体的に食いが悪くキャッチ40尾くらい、リリース20尾くらい。

今が最盛期の夜焚きイカ、挑戦してみてはどうだろうか。

<週刊つりニュース西部版 APC・吉川徹/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
海遊丸
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年8月7日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。