『船釣り』はビギナーにこそオススメ 船宿選び~乗船の手順を徹底解説

『船釣り』はビギナーにこそオススメ 船宿選び~乗船の手順を徹底解説

船長が魚の集まっている所に連れて行ってくれるので、初心者でも釣果を得やすい「船釣り」。小人数や家族釣行で利用しやすい乗合船の利用方法、出船までの流れを紹介しよう。

(アイキャッチ画像提供:photoAC)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

受付

船宿また港に到着したら、まずは受け付け。釣り座を先に確保する場合もある。船宿指定の集合時間は、その時間までに受け付けを済ませてほしい時間になる。乗船料やレンタル料の支払いはこのとき、または後払い。クレジットカードを使える船宿は少ないので、現金を用意しておく。

荷物を場所取りに使ったり、車のキーを預ける場合もあるので、貴重品の管理には気を付けよう。道具をレンタルする場合はお願いする。

釣り座の決め方

船での座席は、先着順で札を取る、船に直接荷物を置いて取る、抽選、ジャンケンで決める、船長から指示されるなど船宿によって違う。

『船釣り』はビギナーにこそオススメ 船宿選び~乗船の手順を徹底解説クジ引き(左)や先着順(右)で釣り座を決める(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

慣れないうちは操舵室横の胴の間に入ると、船長や仲乗りからの指示を受けやすく、釣りを覚えるにはいい。また揺れも少ない釣り座なので、早く行くか、可能ならば予約の際に確保しよう。

『船釣り』はビギナーにこそオススメ 船宿選び~乗船の手順を徹底解説釣り座の名称(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

船酔い対策

初めての船釣りで気をつけなくてはいけないのが船酔い。せっかく遊びに来たのに、船酔いして気持ち悪くなってしまってはもったいない。車や電車で問題なくても、波長が複雑な船の揺れには弱い、という人もいる。前日は十分な睡眠時間を確保して体を休めておこう。

『船釣り』はビギナーにこそオススメ 船宿選び~乗船の手順を徹底解説酔い止めがあると安心(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

また、酔い止めの薬を1時間前に飲むなど自分に合った船酔い対策を見つけ、いい思い出の釣行にしよう。

<週刊つりニュース関東版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年8月7日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。