ポッパーでチヌトップゲーム堪能 本命37cm手中【鳥取・中海干拓地】

ポッパーでチヌトップゲーム堪能 本命37cm手中【鳥取・中海干拓地】

今回は、鳥取・中海干拓地の水路で、ルアーを使ったチヌのトップウォーターゲームに挑戦。ポイント選定と併せてレポートしよう。

鳥取県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・中濱友也)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

ポッパーでチヌトップゲーム

タックルは、バスロッドに、PEライン1号を巻いた小型スピニングリールを装備。ルアーはポッパーを使用する。

ポッパーでチヌトップゲーム堪能 本命37cm手中【鳥取・中海干拓地】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・中濱友也)

バイブレーションやワームも使用されることが多いチニング。今回ポッパーを選んだ理由は、水面でチヌがルアーに食いつく姿を見れるチヌトップゲームを試したかったからだ。エサ釣りでは見ることができないチヌの姿をぜひ見たい。

ポッパーでチヌを釣るのに適した場所は、河口や砂浜。本来、底付近にいるチヌを水面で食わせるということは、水深が浅い方がいい。チヌは夏になると浅場で活発にエサを食うようになるので、水深3m未満の場所がいいだろう。

中海干拓地の水路でチニング

7月5日、大潮。鳥取県境港市の中海干拓地へ。ここは中海を埋め立てて造られた人工島。周囲約5.5kmで、遊歩道が島一周に整備されている。陸と人工島の間には、長さ約2km、幅が広い所で50mある水路があり、ここが今回の釣り場だ。

ポッパーでチヌトップゲーム堪能 本命37cm手中【鳥取・中海干拓地】石積み護岸は初心者オススメ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・中濱友也)

住宅地に近く、公園のような場所なのでプレッシャーは高いが、岸ギワは石が積まれて護岸となっているので足場が良く、ルアー釣り初心者にもお勧めの場所だ。

チニングのポイント

釣り場に到着し、まずは周辺の観察をしてみる。水路には2本の橋が架かっていて、橋の上からはチヌの姿が見えた。一応、ルアーをキャストしてみるが、反応はない。チヌは好奇心が強い一方、警戒心が非常に強い魚である。橋の付近は一見すると好ポイントに見えるが、車や人の通行する音でプレッシャーは高い。

では、ほかにポイントとなる場所はどこか?水門があったり水路の幅が狭くなったりと、水の動きに変化が生まれる場所は魚がたまりやすい。よく見ると小魚やボラの群れが泳いでいる。また、中海は海水であり、クラゲが生息している。水路を見るとクラゲが流されているので、ポイントごとの流れの速さを知る目安となる。

水門近くで37cm本命

水門の近くでボラのライズを発見し、ポッパーを投入。サオを小刻みに動かして、パシャパシャと音を立てながらリールを巻く。音のまきエサだ。すると、水柱が上がった。ロッドを強く曲げたのは、銀鱗輝く37cmの本命チヌ。迫力あるトップウォーターでの個体を見ることができた。

皆さんも近くの河口へ、チニングに出かけてみては。

最後に、チニングに限った話ではないが、釣りのマナーについて確認しよう。(1)出したゴミは必ず持ち帰る。(2)キャストするときは周囲に人がいないかを確認。(3)大声を出して騒いだり、違法駐車などの迷惑行為をしない。

<週刊つりニュース西部版 APC・中濱友也/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
中海干拓地
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年7月31日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。