エギング&ライトゲームで1.4kgアオリにカマスが連発【静岡・下田】

エギング&ライトゲームで1.4kgアオリにカマスが連発【静岡・下田】

静岡県南伊豆にライトルアーとアオリイカのエギングに出かけた。エギングで良型アオリ1.4kg、ライトゲームで良型カマスが連発した釣行をレポートしよう。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 野中功二)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

鍋田湾でエギング&ライトゲーム

7月10日(金)、静岡県南伊豆へエギングとライトゲーム釣行に出かけた。下田の鍋田湾へ10時に到着すると、先行者の姿はなし。まず、エギングから開始。3.5号のエギで、中層を意識しながら速いテンポでダートさせ、テンションフォールさせながら広範囲にキャスト。追尾してくるやる気のあるアオリイカを探す。

エギング&ライトゲームで1.4kgアオリにカマスが連発【静岡・下田】タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 野中功二)

この時期、産卵を意識して速い動きにはあまり反応しないことが多い。ゆっくりした誘いが基本ながら、なかには反応よく着いてくる個体もいて、足元でサイトに持ち込んでエギを抱かせることができる。しかし、数投しても反応はなく、潮が干潮と重なったので、ライトゲームに転戦。

メタルジグでカマス連発

ライトゲーム用メタルジグに交換。中層でリフト&フォールを繰り返すと、カーンと鋭いアタリで、何かがジグにアタックしている。

次は水面下をチョンチョンとアクションさせながら引いてくるとギラッと、細長い魚影が確認できた。縦アクションでラインを張ったままフォールさせると、カカーンと竿先に明確なシグナル。すかさずアワせると、ジジジジッと、小気味いい引き。上がってきたのはカマス。

エギング&ライトゲームで1.4kgアオリにカマスが連発【静岡・下田】カマス手中(提供:週刊つりニュース関東版 野中功二)

この時期、ピンサイズが多いと思っていたが良型が連発。さらに、シンキングミノーに替えると、ムツやサバがヒット。

エギング&ライトゲームで1.4kgアオリにカマスが連発【静岡・下田】カマスや小ムツが釣れた(提供:週刊つりニュース関東版 野中功二)

再びエギングでアオリ狙い

このあと、上げ潮に変わったタイミングで再度エギングに変更。カウントダウンして大きい左右のダートを意識してテンションフォール(カーブフォール)でアタリを待つ。時々、激しく動かしてイカにエギを見つけてもらうのもいい方法。

潮が動きだし、イカにスイッチが入ってアタックしてくるタイミングは、こういった変化がでたときに多い。目の前に潮目ができていい感じだ。

アオリイカをキャッチ

風の影響で膨らんでいたミチイトのたるみがピーンとなったと思ったら、手元にコツンと何やらぶつかったような感覚。

そのまま身構えると、明らかに魚とは違う引きが竿先から手に伝わってきた。ツッツ~とイトを持っていかれたとき竿を立ててアワせると、軽くドラグが音を立てて心地いい引き。

エギング&ライトゲームで1.4kgアオリにカマスが連発【静岡・下田】別のイカにかじられた(提供:週刊つりニュース関東版 野中功二)

ここでアオリイカの重さが突然変わった。水面直下に姿が見えると、茶色い2尾の魚影。「ダブルヒットか」と期待すると、エギを抱いているイカに、もう1尾が抱きついている。さらに、その下にはもう1尾着いていた。

須崎港でアオリ1.4kg

次に向かった須崎港周辺は、底に海草が多いので、中層メインにゆっくりとしたアクションで丁寧にアピール。すると、フォール中のイトがピタリと止まって、1.4kgの良型アオリイカをゲット。ここでもイカの追尾が見られた。

エギング&ライトゲームで1.4kgアオリにカマスが連発【静岡・下田】須崎港周辺の様子(提供:週刊つりニュース関東版 野中功二)

このあと、水面にイワシがボイルし始める。すぐメタルジグで探ると、良型のムツがポツポツ。やがて雨が降りだしたので納竿した。

<週刊つりニュース関東版 野中功二/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
鍋田湾〜須崎港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年7月24日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。