今週のヘラブナ推薦釣り場【埼玉県・丸掘】

今週のヘラブナ推薦釣り場【埼玉県・丸掘】

埼玉県さいたま市にある丸堀は荒川旧川のひとつ。この釣り場の魅力は、何といってもヘラのサイズ。尺上主体で尺2寸クラスは当たり前、そして40cmオーバーも珍しくない。

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース APC・若松恵治)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

丸堀の概況

ゴルフ場に隣接した池で、ヘラ釣り場としての歴史は古い。毎年漁協による放流が行われているため魚影は濃い。池は東西に200mほどの大きさ。農業用の池としても利用されており、いったん荒川から水を引いて、丸堀から田んぼに引いている。釣り場は愛好会が管理している。

今週のヘラブナ推薦釣り場【埼玉県・丸掘】釣り場概況(作図:週刊へらニュース APC・若松恵治)

既設釣り台

基本的には自前の釣り台での釣りはできない。それでも、南岸と北岸に多くの既設釣り台がある。アクセスのいい北岸には8人用の年金台をはじめ、3~4人用の既設釣り台が数台ある。水深の浅い山と言われる西側のポイントも含めると、20人以上が入れる。

今週のヘラブナ推薦釣り場【埼玉県・丸掘】竹ヤブ桟橋と年金台(提供:週刊へらニュース APC・若松恵治)

南岸も3~4人用の既設釣り台が数台あり、ほかに1人用の釣り台も多い。こちらも20人以上は入れるが、駐車スペースからやや離れるのが難点。ただし、南岸は暑くなるこれからの時期でも日陰になるところが多く、多少歩いてでも入る価値はあるだろう。

今週のヘラブナ推薦釣り場【埼玉県・丸掘】水深が浅い山桟橋(提供:週刊へらニュース APC・若松恵治)

丸堀の水深

水深は2.5m前後の場所が多いが、春先の好ポイントにもなる東側の橋付近や、西側の山は1.5m前後かそれ以下になる所もある。ただし手前から深い場所は少ないので、チョウチン釣りはできないと思ったほうがいいだろう。

なお、各自ゴミの持ち帰りはもちろんだが、各釣り台にはホウキが用意されているので、納竿後は使用した釣り台の掃除をしよう。また先釣者がいる場合はひと声かけるようにすることと、長時間の場所取りはやめてほしい。

丸堀での釣り方とエサ

これから10月ごろまでは、竿10尺前後の宙釣りが主流になる。もちろん長竿のほうがアタリを多くもらえることもあるので、並びの釣り人や状況を見て13尺竿程度まで用意していくと無難だ。

仕掛けは道糸1号、ハリス0.5号くらいが基本。エサは両ダンゴをすすめたいが、当然食いが悪い時もある。そのためウドンやトロロ、角麸を食わせにしたセット釣りも視野に入れておこう。

ヘラは水面直下まで上がってくることもあるので、カッツケから底チョイ切りの深いタナまで幅広く探るといい。ただしカッツケのほうが型が揃う傾向があり、タナ1m前後は放流物も交じるがアタリは多くもらえることが多い。

両ダンゴ、セット釣りのバラケともにエサ配合に特別なものはない。普段から使い慣れているエサで、釣況に合わせて調整すればいいだろう。

<週刊へらニュース APC・若松恵治/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
丸堀
入釣料:¥400(現場徴収)。釣り台必携。
問い合わせ:埼玉南部漁協 TEL=048(642)5706
この記事は『週刊へらニュース版』2020年7月24日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。