短時間でツ抜けも!仕事帰りにアジ釣りのススメ【北九州市・若松運河】

北九州市若松運河ではチヌが好調だが、エサ取りで良型アジが釣れているので、仕事帰りに調査に行ってきた。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

仕事終わって調査開始!

今回のポイント

仕事帰りの今回のメンバーは、ポイント遠賀川店の太田君と春本さん、若松響灘店から古西君と私だ。

仕事が終わってすぐ若松運河に行ったが、アジが釣れているにも関わらず釣り人がいる気配がなくて驚いた。

すぐに準備をして仕掛けを投げると、まだ上げ潮が緩い状況。

釣りやすい状況だったがすぐにエサが取られるので、ガン玉を追加してウキの浮力をギリギリに調整した。

そのころに遠賀店の2人も遅れて合流。

浮力を調整してすぐ、モゾモゾという前アタリから一気にウキが消し込んだ!

口が弱いアジなので、アワセは軽くサオを立てる程度。

吉田店長の仕掛け。

上がってきたのは20cmオーバーの良型アジだった。

すぐに同パターンでアジを追加したころ、古西君と春本さんもアジを見事に釣っていた!

特に春本さんは良型アジが釣れたことがかなり嬉しかったのか感動していた!

それからすぐに上げ潮が速くなるとアタリがまったくなくなり、潮が緩むのを待ちながら釣り続けた。

潮が緩んでくると、思った通り再びアジが釣れだし、プチ入れ食いタイムに!

しかし、私は翌日も仕事だったので少し追加したところで納竿とした。

調査の結果

今回は、潮の流れが速く釣りにならなかった時間が長かったが、20~27cmの良型アジを短時間で12尾釣ることができた。

ナイスサイズゲットした吉田店長。

しかし、潮止まり前後の時間に釣行すればもっと数を稼ぐことができると感じた。

若松近郊の釣り情報は、ポイント若松響灘店までお気軽にお問い合わせください。

<店長・吉田勇/TSURINEWS編>

▼アクセス
若松運河
この記事は『週刊釣りニュース西部版』2018年4月27日号に掲載された記事を再編集したものになります。