魅惑の水路!腹パン40cmのヘラブナがお目見え【千葉県香取郡・浄光川】

魅惑の水路!腹パン40cmのヘラブナがお目見え【千葉県香取郡・浄光川】

「乗っ込み場での釣りをやってみたい」と言う釣友ミホリンのリクエストで、4月10日(火)、千葉県香取郡神崎町を流れる浄光川へ釣行した。

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

釣り場にに到着

魅惑の水路!腹パン40cmのヘラブナがお目見え【千葉県香取郡・浄光川】いかにもいそうな感じの釣り場

ここは機場を介して利根川に繋がる川幅の狭い農業用水路(ホソ)。

豊富な野地と変化に富んだ川筋は〝いかにも〟の雰囲気がプンプンする。

情報は皆無だが、このようなマニアック釣り場は、私の十八番だ。

午前11時過ぎに到着すると、南西の爆風が吹き荒れているが、樹木の植え込みが遮り水面は穏やか。

魚が入っている感じで、小規模だがコイがハタいている。

魅惑の水路!腹パン40cmのヘラブナがお目見え【千葉県香取郡・浄光川】今回のタックル図

西岸の流れ込み近くに釣り台をセットし、8尺竿を継いで両グルテンの底釣りを行う。

水深は80cmで下バリの7cm上に少量の板オモリを巻き、人差し指の爪サイズのエサで11時40分に開始。

10分ほどでウキが返すようになり、初アタリで強烈に竿は曲がる。

竿を寝かせて沖走りをこらえると、いきなり37cmの本命が浮上した

衝撃はこれで終わらず、15分後にまたもや竿が曲がると、ボカッとデカい口が水面を割る。

落ち着いてタマ網に誘導したのは40cmの腹パンだ。

春の釣り場巡りで探り当てた魅惑のホソ。

半信半疑の釣り場選定も、どうやら〝吉〟と出たようだ。

37cmの美ベラゲット

ミホリンは再三に渡りライントラブルに見舞われていたので、太仕掛けにするようにアドバイス。

すると沖走りを止められるようになり、37cmの美ベラをゲット。

魅惑の水路!腹パン40cmのヘラブナがお目見え【千葉県香取郡・浄光川】本流育ちのヘラブナはヒレピンだ!

厳つい魚体を見ながら、本流育ちのパワーに驚いていた。

3時過ぎからアタリが集中するようになったが、私のポイントでは〝マブナ祭り〟が始まってしまう。

魅惑の水路!腹パン40cmのヘラブナがお目見え【千葉県香取郡・浄光川】マニアックな場所での釣りも楽しみの1つ。

一方でミホリンは先ほどと同じサイズのヘラをゲットし、ご満悦の様子。

だが、無情にも雨が落ちてきてしまい、4時過ぎに納竿。

計2枚ずつに終わったが、利根川産の良型美ベラとスリリングなやり取りを楽しめた。

乗っ込み期は思わぬ小場所が過激スポットに変わる。

その典型例とも言える釣り場だろう。

利根川水系の乗っ込みは、例年梅雨時までダラダラと続く。

雨後の増水時は要注目だ。

<週刊へらニュース APC・中村直樹/TSURINEWS編>

▼アクセス
圏央道・神崎IC下車、突き当たり国道356号を右折。一つ目の信号を右折し、道の駅こうざきに沿うように進み、圏央道をくぐってすぐ。
この記事は『週刊へらニュース』2018年4月27日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。