東京湾ジギングタチウオで116cm頭にトップ20尾【神奈川・太田屋】

東京湾ジギングタチウオで116cm頭にトップ20尾【神奈川・太田屋】

エサでもルアーでも狙えて、釣って楽しく食べて美味しい東京湾のタチウオ。大型ぞろいで釣れていると聞いて、7月4日(土)、金沢八景の太田屋からルアー釣りを楽しんだ。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

太田屋でルアータチウオ釣り

金沢八景の太田屋からタチウオのルアー釣りへ。6時、船宿に到着すると、明るい若女将と船長たちに迎えられ受け付けを済ませる。佐野一也船長に近況を聞くと、「例年だと浅場で小型の数釣りメインの時期ですが、数日前には132cmのドラゴンが顔を出すなど、連日大型が釣れていて好調ですよ」と、期待に胸が膨らむ言葉。

東京湾ジギングタチウオで116cm頭にトップ20尾【神奈川・太田屋】雨でも朝から大盛況(提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

猿島沖でスタートフィッシング

7時15分に12人を乗せて出船。約30分のクルージングで、猿島沖のポイントに到着。「水深は50mですが、宙層の20~30mに反応があるので水面から30mより上でやってください」というアナウンスでスタートフィッシング。しかし、アタリはなくすぐに走水沖へ移動。

東京湾ジギングタチウオで116cm頭にトップ20尾【神奈川・太田屋】観音崎沖へ(提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

ドラゴン級が顔見せ

「水深60m、下から20mまで反応」ということで、150gのピンクカラーで様子をみると、朝のサービスタイムで高活性。1投目からアタッたが、ルアーを丸飲みされたようで、アワセを入れたとたん、フッとテンションがなくなり、いきなりのルアーロストにがっかり。

左隣では鈴木貴浩さんが指3本を連続キャッチ。

東京湾ジギングタチウオで116cm頭にトップ20尾【神奈川・太田屋】鈴木さんは開始早々に良型を連発(提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

右舷で歓声が上がったので見に行くと、釣り仲間4人で来ていた紅一点・石井由佳さんが、いきなり116cmのドラゴンサイズをキャッチし破顔一笑。

シャクリ釣りで良型連発

その後も船長は反応がなくなるたびに潮回りを繰り返し、野尻嘉昭さんは電動リールでのシャクリ釣りで良型を3連チャン。「いつもはエサ釣りをしています。試しに初めてジギングをやってみましたが、こちらも楽しいですね」とピースサイン。

東京湾ジギングタチウオで116cm頭にトップ20尾【神奈川・太田屋】電動シャクリで連釣しニンマリ(提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

私は、特大らしいファイトをラインブレイクでロストしたり、3連続でバラしてしまったが、4発目に95cmを抜き上げひと安心。

フォールで入れ食いタイム

大潮で潮が速く、二枚潮も重なり釣りづらかったが、右舷ミヨシの須田智彬さんは5回目の釣りながら良型を連発。

東京湾ジギングタチウオで116cm頭にトップ20尾【神奈川・太田屋】須田さんも良型を13本キープ(提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

隣の高橋克也さんも石井さんとともに順調に数を伸ばしていた。

10時半の潮止まりを迎えると、急にアタリが増えだし、フォール中にガツガツ。巻きではドスンとヒット連発の入れ食いタイムがスタート。

指5本クラスに笑顔

タチウオが船全体で釣れだすと、8尾連続キャッチで気分は上々。さらに、105cmの指5本サイズを抜き上げ成功でガッツポーズ。

東京湾ジギングタチウオで116cm頭にトップ20尾【神奈川・太田屋】筆者も8連チャン(提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

次のページで最終釣果発表!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。