伊良湖沖『泳がせ釣り』で80cm大型ヒラメ連続浮上【愛知・昭徳丸】

伊良湖沖『泳がせ釣り』で80cm大型ヒラメ連続浮上【愛知・昭徳丸】

7月5日、愛知県・南知多町師崎港の昭徳丸に泳がせ釣りで乗船。まさかの座布団クラスのヒラメが連続浮上した釣行の様子をお届けしよう。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・長谷真一)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

昭徳丸で泳がせ釣り

愛知県・南知多町師崎港の昭徳丸から泳がせ釣りで出船。久しぶりなので、ぜひとも1匹は釣りたい。同船者は永坂師匠を含め合計8人。左舷のミヨシに師匠、中央部に私が釣り座を構えて出港した。

仕掛けは自作で、ハリス8号の胴つき1本バリ。鰯ヒラメ18号の15cm先にアシストフックを結び、不自然にエサを泳がせてアピール度を増すためハリスは80cmと短めにしておく。捨てイトはハリス4号50cmで、オモリは60号で統一された。

当日は岩礁帯を攻めるので、オモリの予備がたくさんいるよと出港前に聞いたが後の祭り。なくしたら船長から購入するしかない。

エサはカタクチイワシが多め

まず20分ほど移動して、渥美半島の内側でエサとなる小さいサバを狙う。投入するとサバが鈴なりになることもあるが、カタクチイワシが多い。おまけに師匠とオマツリして迷惑をかけてしまった。

序盤からつまずきどうなることやら。なんとかサバとアジを30匹ほどイケスにキープしたところで、「伊良湖沖に移動します」と船長からアナウンス。移動中にサビキ仕掛けを泳がせ仕掛けに替えて談笑タイム。これも楽しみの1つだ。

伊良湖沖に到着すると、風はないもののウネリが入っており、ちょっと釣りにくい感じだが、元気のいいサバを鼻掛けにして、アシストフックを尻ビレに刺して投入だ。

ハマチ58cm浮上

すると、1投目から永坂師匠がハマチをゲット。さすがだ。私は30分ほどたったころ、底を取り直した瞬間アタリ。ドラグが滑ってイトが出ていくばかりで、締め込みと豪快な引き。サオの操作でかわしながら慎重に上げ、船長にタモ入れしてもらったのはハマチ58cm。ヒラメではなかったがボウズは免れた。

その後ハマチ2匹、ヒラメ32cm1匹を追加した後、ラインブレイクで2回もバラシという情けない状況。かなりの手応えだったが、2回ともPEライン3号のミチイトが高切れしたが原因不明だ。

伊良湖沖『泳がせ釣り』で80cm大型ヒラメ連続浮上【愛知・昭徳丸】本命ではないが坊主を回避(提供:週刊つりニュース中部版 APC・長谷真一)

座布団級ヒラメ連打!

そして、午前10時を回るころに明らかなヒラメのアタリ。サオがガンガン揺れるが、早アワセしないように我慢。すると、ついにサオがグググーッと大きく引き込まれ、アワセを入れると超重たい。抵抗も半端ないので慎重に、慎重に。何度も激しい引き込みを見せ、やっと海面に現れたのは座布団級のヒラメだ。

同時に師匠も大きなヒラメを釣り上げていたので、海面に大型のヒラメが2匹浮かんでいるというめったに見ることのできない光景。計測すると、なんと80cmジャストで、今までの自己最高を一気に20cmも更新だ。

伊良湖沖『泳がせ釣り』で80cm大型ヒラメ連続浮上【愛知・昭徳丸】師匠と揃って大型ヒラメをゲット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・長谷真一)

次のページで最終釣果を発表!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。