夏模様の管理池ヘラブナ釣り エサを信じて1人勝ち釣果【竜田川釣り池】

夏模様の管理池ヘラブナ釣り エサを信じて1人勝ち釣果【竜田川釣り池】

真夏の猛暑の中でも、涼しい風に助けられることが多いのが、奈良・生駒郡の近鉄竜田川駅近くにある竜田川ヘラ釣り池だ。7月5日、釣友の喜多さんとともにヘラブナ釣りを楽しんだ。「このエサで釣れる」と信じたのがよかったか、なぜか1人勝ちの釣りとなった。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・森宮清釣)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

竜田川釣り池

竜田川釣り池の周辺には、ほかにヘラ釣り池があるが、こちらはうどん釣り専用の小さな釣り堀。間違わないように釣行したい。竜田川ヘラ釣り池は下の方にある、大きな野池だ。

夏模様の管理池ヘラブナ釣り エサを信じて1人勝ち釣果【竜田川釣り池】竜田川釣り池全景(提供:WEBライター・森宮清釣)

いつも釣行するこの池は、魚影は少なめながら野池でのヘラ釣りの醍醐味が味わえるのが魅力、最大は数は少ないものの35~40cmオーバーが稀に釣れるが、主流は26cm前後の、きれいな状態のヘラブナだ。

夏模様の管理池ヘラブナ釣り エサを信じて1人勝ち釣果【竜田川釣り池】小型だがきれいなヘラブナが多い(提供:WEBライター・森宮清釣)

当日は朝の内こそ3人の釣り人だけだったが、10時を回る頃から常連たちがやってきて、賑やかな声が飛び交う楽しい釣りが始まった。今回竿を出した場所は、中桟橋の入り口近く。

当日のタックル&エサ

竿は7尺を使って、道糸は0.6号、ハリス0.3号で長さは50cmと43cm、ハリはプロスト4号で竿2本分の宙釣りでチャレンジ。エサは一景の提灯ダンゴ6カップと抜けを良くするために宙釣りダンゴ2カップ(いずれも50ccカップ)でスタート。

ヘラブナが寄るまでジャミ(小魚)たちにエサをプレゼントの気持ちで、盛んに打ち返して時を過ごし、約1時間でヘラブナが寄ってきた感じのジャミの動きが始まった。

今のジャミは成魚も多いが、1cm前後の生まれたても多く見られる。これらに邪魔されてもお構いなしに打ち込みを繰り返せば、強い動きでウキはツンと水中に消えるのだ。このチャンスを見逃さず、即座にアワせれば、竿はグーンと大きく曲がって、心はルンルン気分。

羨望のまなざしを受ける

こうなったのは釣り始めて1時間半くらい経ってから。大きく曲がる竿を見て、周囲の人も目が一斉にこちらを向く気配。喜多さんも拍手と笑顔だったが、悔しそうな顔にも見えた。この時間帯では後ろの釣り人が1尾釣っていただけだったので、ヘラブナの立てる水音に皆さんも羨ましかったようだ。

エサを使い切って、提灯ダンゴ単品で狙うことにしたが、タナを30cmほど上に変更。これが良かったらしく数尾が入れ掛かり。独り善がりで釣っていると、常連さんが私と競争でもしているのか、床を釣って~と叫んでいた。

釣り方かえても好調維持

そこで、再び床前のタナに変更した。それでも連発で釣れるから、私の顔はスマイルだったと思うが、この頃から強烈な睡魔が襲ってきて、目を擦りながら釣っていたが、我慢できなくなってしばし車で昼寝タイム。

目が覚めて釣り座に戻ると、喜多さんは帰る準備を始めていた。「釣れましたかと」聞いたが、「1尾釣った後、何にも釣れない」と、ご機嫌斜めの感じ。私も2尾を追加して午後2時頃に帰る準備を始めた。

夏模様の管理池ヘラブナ釣り エサを信じて1人勝ち釣果【竜田川釣り池】喜多さんの1尾目(提供:WEBライター・森宮清釣)

1人勝ちの20尾

私の釣果はヘラブナ20尾ほど。なぜ故か私だけ良く釣れたと感じる釣果だった。使用するエサは絶対釣れると信じて、変更しなかったのが良く釣れた原因だと思う。

竜田川ヘラ釣り池の料金は平日1000円で、土日祝日は1500円である。いずれも半日の料金はないのでご注意を。

<森宮清釣/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
竜田川釣り池
所在地:奈良県生駒郡平群町

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。