初めての釣りは「船釣り」で決まり:予約完了~釣行当日編 体調は万全に

初めての釣りは「船釣り」で決まり:予約完了~釣行当日編 体調は万全に

今回は船宿の予約完了から釣行当日までの流れを、やっておくとスムーズな事柄を踏まえて紹介する。

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS関西編集部・中西)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

予約してから前日まで

急に思い立って計画しない限り、予約が完了してから釣行当日までは比較的時間がある。この間にやっておくべき、または気になる事柄は「必要なアイテムの準備」、「予約のキャンセル」、「出船の可否」の3点だ。

必要なアイテムの準備

全てレンタルタックルで済ませてしまうなら必要ないが、自前のタックルで挑んでやろうと思っている方は、釣具店へ行って船長から教えてもらったアイテムを買いそろえておこう。人によっては一番の楽しみだという期間、じっくり吟味してそろえていこう。

初めての釣りは「船釣り」で決まり:予約完了~釣行当日編 体調は万全に船長から聞いた仕掛けなどを準備しよう(撮影:TSURINEWS関西編集部・中西)

また、釣り具の準備にばかり目が行きがちだが、同時に準備しておきたいのが身の回りの品々。船釣りでは雨が降っていなくても移動の途中で波をかぶったり、循環パイプからの海水で足元は濡れていることが多い。長靴は準備しておいた方がいいだろう。

また、風が出て波が立つと出船は中止になってしまうが、多少の雨なら問題なく出船となる。前日になって慌てないよう、カッパはあらかじめ準備しておきたい。

このほか、船に酔う人は酔い止めの薬、帽子、タオル(手拭き用)、日焼け止め、船上で食べるお弁当、船上で飲む飲み物(日中は必要だと考えた分量+500mlくらい)などは確実に用意しておきたいアイテムだ。

初めての釣りは「船釣り」で決まり:予約完了~釣行当日編 体調は万全に濡れてもOKな靴に雨具も準備しておきたい(撮影:TSURINEWS関西編集部・中西)

予約のキャンセル

一度予約を入れたら、キャンセルはしないのがマナー。それでもどうしても外せない急用や体調悪化でキャンセルしなければならない状況になることもある。そんな場合はすみやかに船宿に連絡しよう(場合によってはキャンセル料金が発生する場合もある)。

出船の可否

当日の釣りが気になって、ついつい見てしまうのが週間天気予報。とはいえ天気がよければ出れるとは限らない。気になる気持ちもわかるが、ここは船長の判断に任せよう。

おおよその船は前日19時の天気予報を見て出船の可否を判断する。駄目だという判断になったら、教えておいた電話番号に船長から連絡がくる。連絡がなければ、多少天気予報が悪くても出船できるという船長判断ということだ。

釣行前日の注意点

予約時のチェック項目をおさらいし、忘れ物がないか確認する。起きたらすぐに出発できるように、荷物はあらかじめそろえて車に積んでおくと安心だ。

そして暴飲暴食は避け、しっかり睡眠をとること。数時間は慣れない海上にいるため、睡眠不足は船酔いの原因にもなる。特に釣行先が遠方の場合は、夜中に起きて出発ということも考えられる。しっかり睡眠時間が確保できるよう、逆算して行動するようにしよう。

初めての釣りは「船釣り」で決まり:予約完了~釣行当日編 体調は万全にしっかり睡眠することが大事(提供:pixabay)

人によるとは思うが、体調が万全でないと酔い止めを飲んでいても船酔いしてしまうこともある。船酔いしてしまうと釣りどころではなくなるので、前日の体調管理はかなり重要だと考えておいてほしい。

次のページで釣行当日の注意点を解説

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。