今週のヘラブナ推薦釣り場【埼玉県・逆川】 アクセス抜群で魚影も濃い

今週のヘラブナ推薦釣り場【埼玉県・逆川】 アクセス抜群で魚影も濃い

埼玉県越谷市を流れる逆川は、都心から近いうえに魚影が濃く宙釣りが楽しめる。流れ川で宙釣り?と疑問に思う人もいるかもしれないが、一度経験すると病みつきになるぞ。

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース 山野正義)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

逆川のヘラ釣り概況

埼玉県越谷市には昔から、ヘラが釣れる河川が多かった。八条用水、葛西用水路、大場川などの釣り場には、筆者が子どものころによく通った釣り場だ。現在は釣り場としてはほぼ消滅してしまったが、古利根川や元荒川は現在でも大型が釣れるので根強く通う釣り人がいる。

今回紹介する逆川(さかさがわ)も、昔からヘラが釣れる場所として知られていた。近年は漁協から定期的に新ベラ放流が行われているおかげで、以前よりも魚影が濃くなり年間を通じてヘラ釣りが楽しめるようになった。

今週のヘラブナ推薦釣り場【埼玉県・逆川】 アクセス抜群で魚影も濃い逆川の概況(作図:週刊へらニュース 山野正義)

現在の状況としては、水位は満水でヘラの活性は高い。ドボン(通し釣り)は釣果にムラがあるが、タナ1m前後を狙う”流しの宙釣り”が好調。半日でも尺~尺3寸オーバーが10~20枚ほどの釣果が上がっている。

逆川のヘラ釣りポイント

逆川のヘラ釣りポイントは、大きく分けて東側と西側。どちらも護岸からの釣りになる。護岸には高い柵があるので、それをまたぐ時に踏み台などがあると便利だ。

東側の釣りポイント

東側で人気があるのは神社前からスロープにかけて。ここは昔からの好ポイントで、居着きの魚が多い。ドボンでも釣れるが、どちらかと言うと流しの宙釣りで実績がある。上流では観光モジリはよく出るが、入釣者が少なくエサ打ちされている量も少ないので、ウキが動くまでに時間がかかる。

今週のヘラブナ推薦釣り場【埼玉県・逆川】 アクセス抜群で魚影も濃い神社前・手前がスロープ(提供:週刊へらニュース 山野正義)

西側の釣りポイント

西側で人気があるのはトイレから下流にある神社対岸付近まで。トイレから約20m下流付近までは流れが弱く、流しの宙釣りで好釣果が期待できる。沖めは流れが強くなるので、使用竿は10尺前後がいい。トイレの上流側になると、古利根川の水門に近くなるので流れが強く、ドボンで狙う人が多い。

今週のヘラブナ推薦釣り場【埼玉県・逆川】 アクセス抜群で魚影も濃いトイレには手洗い場もあって便利(提供:週刊へらニュース 山野正義)

また下流側は神社対岸付近までがポイントで、それよりも下流になると水深が浅くなり根掛かりが多い。

釣り方(流し方)

「流しの宙釣り」での使用竿は10~15尺で対応出来る。タナは流れが強い時は底から10ほど切ったところを流す。逆に流れが弱い時は50cm前後の浅ダナ狙いのほうが、型もよく釣果は安定する。

釣り方(流し方)としては、竿掛けを正面に見て1~1.5mほど上流側にエサを打ち、ウキがシモりきる(完全に流される)までに出るアタリを狙う。打ち始めは流し幅を広めにとり、アタリが出てきたら流し幅を狭めてゆき、魚を一点に寄せるようにする。

今週のヘラブナ推薦釣り場【埼玉県・逆川】 アクセス抜群で魚影も濃い遊歩道が整備されている(提供:週刊へらニュース 山野正義)

ヘラの活性が高い時はナジミ際でアタリを出す場合があるが、ハリスがたわんだ状態だとスレになる確率が高い。なので、ウキが立って竿掛けの正面を通過した付近でアタリを出すようにする。

次のページでオススメのタックルとエサを紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。