【福岡】沖のエサ釣り最新釣果 泳がせで超大型『アラ』22.5kg浮上

【福岡】沖のエサ釣り最新釣果 泳がせで超大型『アラ』22.5kg浮上

福岡県から沖釣り釣果情報が届いた。イカの泳がせ釣りで超大型アラ22.5kgが浮上!イシダイ60cmオーバーにタチウオ船中436尾なども見逃せない。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:PONTOS・幸雅丸)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

昭栄丸

6月29日、福岡県糸島市岐志港から出船している姫島の昭栄丸は玄界灘のイサキ釣りに行き、良型イサキにマダイ交じりで大型クーラーをいっぱいの釣果。

【福岡】沖のエサ釣り最新釣果 泳がせで超大型『アラ』22.5kg浮上イサキ&マダイ(提供:昭栄丸)
▼この釣り船について
昭栄丸
出船場所:岐志漁港

榮幸丸

6月27日、福岡市西区宮ノ浦港から玄界島の榮幸丸が玄界灘のイサキ、マダイ五目釣りに出船。イサキは1kg前後交じり、クロも大型交じり入れ食いしており、クーラーは満タン。7月中旬からイサキ~夜焚きイカ釣りのリレーに出船。

【福岡】沖のエサ釣り最新釣果 泳がせで超大型『アラ』22.5kg浮上大型クロ乱入(提供:榮幸丸)
▼この釣り船について
榮幸丸
出船場所:宮ノ浦港

6月28日、福岡市中央区港のかもめ広場前からが博多湾内タチウオゲームに出船。ルアーメーカーのヤマリアスタッフが乗船。船長が「朝一からトリプル良型ゲット!こんなの見たことがない」と話すほどの好スタート。良型多数で速攻で全員がタチウオをキャッチ。中型多く大~小型交じりで終日釣れ続けて船中で436尾の釣果。胴体幅はノギスで計測して、最大で9.1cm。船長は「テンヤが平均的にサイズがいい感じで、メタルジグは数釣れる感じ。釣り続ければ、まだ釣れる感じ」とのこと。

【福岡】沖のエサ釣り最新釣果 泳がせで超大型『アラ』22.5kg浮上タチウオ連打(提供:優)
▼この釣り船について

出船場所:中央区港

新生丸

6月28日、福岡県福津市津屋崎港から新生丸は玄界灘の沖の五目釣りに出船。千種さんはタカバ3.5kgクラスをキャッチした。ボッコやアオナ、レンコダイなどヒットしている。

【福岡】沖のエサ釣り最新釣果 泳がせで超大型『アラ』22.5kg浮上タカバ3.5kg級(提供:新生丸)
▼この釣り船について
新生丸
出船場所:津屋崎港

勇正丸・DREAM

6月27日、福岡県宗像市大島の第十八勇正丸・DREAMが活きイカ泳がせで玄界灘に出船。この日はシマノ九州営業所・新入社員の榎本さんがアラ釣り初挑戦で同船記録となる超大型アラ40kgを堂々キャッチ。モンスターとの攻防戦を制した後、圧巻の魚体を披露してくれた。ほかにも船中では24kg、17kg、小アラ3尾が上がっており今シーズン最高の釣果だったとのこと。

【福岡】沖のエサ釣り最新釣果 泳がせで超大型『アラ』22.5kg浮上アラ40kg迫力満点(提供:勇正丸・DREAM)
▼この釣り船について
勇正丸・DREAM
出船場所:神湊港渡船ターミナル

四季丸

6月29日、北九州市門司区・大里港の四季丸は響灘へ、ひとつテンヤで出船。シャローエリアでの根魚が好調で入れ食い状態。60cmのアコウを筆頭に60尾と絶好調。ほかにも、写真の桂口さんが仕留めた60cmを超えるイシダイもヒット。ウマヅラハギ、アラカブなども追加し好土産となった。

【福岡】沖のエサ釣り最新釣果 泳がせで超大型『アラ』22.5kg浮上イシダイ60cm超え(提供:四季丸)
▼この釣り船について
四季丸
出船場所:大里港

寿光丸

6月28日、北九州市門司区大里港から出船中の寿光丸は、角島沖へ五目釣りに出船した。潮がなかなか動かず厳しい状況だったが、マダイは1~2kgが順調にヒット。ほかにも、レンコ、イトヨリは数釣れた。アマダイにアオナも追加し、乗船者は多彩な好土産を持ち帰った。

【福岡】沖のエサ釣り最新釣果 泳がせで超大型『アラ』22.5kg浮上1〜2kg順調(提供:寿光丸)
▼この釣り船について
寿光丸
出船場所:大里港
TEL:090-3190-2383

金比羅丸

6月27日、北九州市門司港から出船中の金比羅丸は、響灘へイサキ釣りで出船した。海況があまりよくなかったものの、1人10尾前後釣れ、船全体では50尾以上ヒットした。夜焚きイカでも出船。釣る人は40尾を持ち帰った。日により数にムラがあるが、今後さらに数釣りが期待できる。

【福岡】沖のエサ釣り最新釣果 泳がせで超大型『アラ』22.5kg浮上イサキ連掛け(提供:金比羅丸)
▼この釣り船について:金比羅丸
【福岡】沖のエサ釣り最新釣果 泳がせで超大型『アラ』22.5kg浮上

海燕

6月28日、北九州市・小倉港から案内中の海燕がズボ釣りで響灘に出船。依然としてイサキが好調のようで、当日は中大型イサキを1人40~50尾キープ。キロ超えも目立ち型数揃って乗船者らのクーラーは満タンとなったようだ。今後もまだまだチャンスだろう。

【福岡】沖のエサ釣り最新釣果 泳がせで超大型『アラ』22.5kg浮上中大型を1人40〜50尾(提供:海燕)
▼この釣り船について
海燕
出船場所:小倉港
TEL:090-1971-1254

胡百

北九州市小倉港の胡百は響灘に出船。アジの泳がせ釣りで好釣果が続いており、6月27日の釣行では、写真のタカバやヒラメ、ヒラマサ、アコウ、ボッコ、マトウダイなど良型も多く多彩に釣れた。夜焚きイカは、60尾と日によってムラはあるが、数上向いている。

【福岡】沖のエサ釣り最新釣果 泳がせで超大型『アラ』22.5kg浮上高級根魚続々(提供:胡百)
▼この釣り船について:胡百
【福岡】沖のエサ釣り最新釣果 泳がせで超大型『アラ』22.5kg浮上

PONTOS・幸雅丸

6月27日、北九州市漁協・若松支所前から案内中のPONTOS・幸雅丸は響灘へイカの泳がせ釣りで出船した。まずエサのイカを確保し、ポイントへ。最初にきたのはアラ10kgオーバー。その後アタリが遠のいたが、終了間際に写真の22.5kgの超大型がヒット。見事乗船者が釣り上げ大満足で披露してくれた。今後も大物高級魚が期待大だ。夜焚きイカも好調で、パラソルぽつぽつ交え1人40~80尾と中型主体で数伸びてきた。

【福岡】沖のエサ釣り最新釣果 泳がせで超大型『アラ』22.5kg浮上アラ22.5kg浮上(提供:PONTOS・幸雅丸)
▼この釣り船について:PONTOS・幸雅丸
【福岡】沖のエサ釣り最新釣果 泳がせで超大型『アラ』22.5kg浮上

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年7月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。