『SLJ』で40cm超え良型イサキに50cm級マダイ連発【エル・クルーズ】

『SLJ』で40cm超え良型イサキに50cm級マダイ連発【エル・クルーズ】

イサキは、ここ数年SLJで狙えるターゲットとして人気が爆発的に高まっており、6月から連日のように出船が続いている。6月上旬、福岡・箱崎港出船での釣行をレポートする。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

エル・クルーズでSLJ

6月上旬、午前6時に福岡市・箱崎港から出船のエル・クルーズでSLJ(スーパーライトジギング)。まずは博多湾内でタチウオを狙ってみたがパッとしなかったので、早々に切り上げて沖へと船を走らせる。

『SLJ』で40cm超え良型イサキに50cm級マダイ連発【エル・クルーズ】当日のタックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

いきなりイサキ全員安打

ポイントに到着すると魚探には好反応が映しだされており、期待を胸に釣り始めるといきなりイサキ連発モードに突入。立て続けにトリプルヒットが続き、開始早々に大忙しである。しかもヒットするのはレギュラーサイズから良型のイサキまで粒揃い、あっという間に全員安打を達成することができた。

『SLJ』で40cm超え良型イサキに50cm級マダイ連発【エル・クルーズ】開始直後からヒット連発(提供:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

タイラバでマダイ連発

その後もいくつかのポイントをラン&ガンしながら探っていくが、反応が良いポイントでは常に誰かがサオを曲げている状態で、船上は大盛り上がりで十分な数をキープできたところで、時間にも余裕があったのでタイラバにチェンジする。

しばらくはアタリがなかったが、ここでも連発。50cm・40cm級の釣り応えもあり食べておいしいサイズのマダイを3尾立て続けにキャッチすることができた。

『SLJ』で40cm超え良型イサキに50cm級マダイ連発【エル・クルーズ】タイラバでマダイ連発(提供:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

同時に、イカメタルで夏の風物詩であるケンサキイカも狙ってみたが、残念ながらこちらは不発であった。

大型イサキ40cm越えも

残り時間も少なくなってきたので、さらに魚種の追加を狙うか、再びイサキを釣るか相談すると皆さんイサキが釣りたいという要望だったので、最後にまた狙ってみることに。

以前から気になってはいたものの、今シーズンはまだサオを出していないポイントを中心に探っていくと、一抹の不安はあったがそこでも連発。しかもサイズはデカバンとも言える40cmオーバーばかり。確変モードとは言えないまでも、同ポイントでコンスタントに釣り上げ、数・型ともに十分なイサキを釣ることができたところで、この日は午後3時にストップフィッシングとして帰港した。

『SLJ』で40cm超え良型イサキに50cm級マダイ連発【エル・クルーズ】大型イサキゲット(提供:週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥)

イサキSLJは、これからも十分に釣ることはできる。残り少ないイサキシーズンを存分に楽しみたいと思う。

<週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
エル・クルーズ
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年7月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。