チョイ投げ釣りの代表的な5種のゲスト魚を避ける方法 本命釣果にも直結

チョイ投げ釣りの代表的な5種のゲスト魚を避ける方法 本命釣果にも直結

いろいろなゲストのアタリが多いのも特徴のチョイ投げ釣り。とはいえ、釣っても食べられないような小型ゲストはできれば避けたいのも実情だろう。そこで今回はチョイ投げのシロギス釣りにおいての定番ゲスト5種の「避け方」を伝授。

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS関西編集部・松村計吾)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

チョイ投げの特徴

波止や身近な砂浜から手軽にできるのがチョイ投げ釣りだ。チョイ投げはその名の通り、仕掛けを軽く投げる程度の釣りで、仕掛けを投げる距離としては20~30m、遠くへ投げても50~60mといったところ。なので、比較的沿岸の浅いエリアに潜む魚がターゲットになる。

釣り方もライトなタックルで、軽い仕掛けを投げて引きずったり、竿を置いてアタリを待つだけなので、お子さんや女性にも楽しめ、ファミリーでの釣りにオススメの釣行スタイルだ。

チョイ投げ釣りの代表的な5種のゲスト魚を避ける方法 本命釣果にも直結ライトなタックルで手軽にできる(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

そんな中でも夏場にチョイ投げで狙える代表的なターゲットはシロギスだろう。アタリも爽快で群れに当たると数も釣れ、食べても天ぷらやフライ他、いろいろな料理ができて家族にも喜ばれる。

チョイ投げで釣れる定番ゲスト

キスを狙っていても、チョイ投げではいろいろなゲストが交じることが多々ある。チョイ投げで釣れるゲストの定番としては、地方によってもかわるが、メゴチ、フグ、イトヒキハゼ、ヒイラギ、ハゼの仲間、ハオコゼなどが挙げられる。

釣れる魚種は海底の状況によりやや傾向があり、完全な砂底ならメゴチ、フグ、イトヒキハゼなど、少し根が近いとフグ、チャリコ(マダイの幼魚)、砂泥底ならヒイラギやイトヒキハゼなどがヒットする。

ゲストを釣るデメリット

魚種多彩に楽しめるのは良いことなのだが、あまり食べるには忍びないような小さなゲストフィッシュがよく交じるのがチョイ投げだ。とにかく軽い仕掛けでハリも小さく繊細に釣るので、どうしても小型の魚まで掛かってしまう。

逆にそれらを避けて大きなハリを使うと本命のシロギスまでハリ掛かりしない事態になってしまう。特にシロギスに的を絞っての釣行の場合、ゲストを釣ってしまうといちいち仕掛けを回収して、ハリを外して、リリースすることで時間もロスするし、エサもどんどん減ってしまう。できれば効率よくシロギスだけを釣り上げたいものだ。

種類別ゲストの避け方

魚のエサの取り方は、その魚種によって様々だ。それらの習性を利用することである程度、ゲストを避けてキスを釣ることができる。「キス釣りに行ったけれど、メゴチやチャリコばかりが釣れてキスが釣れなかった」なんて、経験のある人にはぜひ、参考にしていただきたい。

ただし、これはあくまでもチョイ投げのキス釣り好きな筆者が、経験上、実践してきてて一応効果を上げている方法なので、常に間違いなくゲストを避けられる訳ではないので、あくまでも参考に!

メゴチ

基本的に砂底や砂泥底に多く、シロギスと同じような場所にいることも多いので、メゴチが釣れる場所はシロギスにも好ポイントと見て良い。メゴチは海底に潜んでいて、海底でズルズルと魚体を引きずるように移動する。普段は海底から離れて中層を泳ぎ回るような魚ではない。

チョイ投げ釣りの代表的な5種のゲスト魚を避ける方法 本命釣果にも直結メゴチはシロギス釣りの定番ゲスト(撮影:TSURINEWS関西編集部・松村)

エサの食べ方

エサを見つけるとゆっくりと寄ってきてパクリと食べる。エサを食べる時はかなりどん欲で、食べ逃げの少ない魚である。ということは、アタリがあればかなりの確率でハリ掛かりする。

実は食べてみると、シロギスに匹敵する美味しさであり、サイズが良ければキス同様持ち帰って天ぷらにすると絶品だ。ただ、頭の大きさのわりに身がスリムなので、頭と内臓、骨を取ってしまうとかなり身のボリュームがなくなるため、小さなメゴチでは食べる所がごく少なくなってしまう。

粘液とトゲが難点

また、釣り上げた時に、粘りのある粘液を体表面から出すので、手もタオルもヌルヌルになってしまう他、ヌルヌル滑るのを押さえようとしてエラブタの鋭いトゲで指を怪我することもあるのが難点だ。

メゴチの避け方

シロギス釣りの定番ゲストのため、古くからメゴチを避ける方法はいろいろな人が実践している。代表的な釣り方が「引きずる速度を速くする」こと。前述のようにエサにゆっくりと近づいてくるので、エサの動きを速めることで食わせないようにできる。ただし、速く引きずりすぎると、シロギスまで食えなくなるので、メゴチは食えず、シロギスは食える速度を試していくと良い。

次のページでフグとチャリコの避け方を解説

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。