友釣りで遡上アユ連発 1時間半で早々のツ抜け【兵庫・一庫大路次川】

友釣りで遡上アユ連発 1時間半で早々のツ抜け【兵庫・一庫大路次川】

猪名川水系・一庫大路次川に、6月24日にアユの友釣りに出かけた。この日は開始早々から好調に釣れ、あっという間にツ抜け達成。楽しい釣りとなったのでリポートしたい。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・森雨魚)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り アユ釣り

当日の状況とタックル

午前8時のオープン・ゲートを待ちわびていた釣り人3人と「川の案内所」を訪れると、U理事が親切に出迎えて下さった。オトリ2匹を購入し、早速受け付けを済ませ、上流部のポイントヘと車を走らせてみた。

朝イチのフィールドは、気温19℃、水温18℃、水高5cmとまずまず。ホテル上流部のチャラ瀬からまずは様子を見ることにした。この日のタックルは、サオが支流用アユザオ7.0m(ソリッド穂先採用)、天上イトは遊動天上イト0.8号(フロロカーボンライン)、水中ラインは複合メタルライン0.8号、ハリは3本イカリが6.0、6.5号、3本チラシが6.5、7.0号。

友釣りで遡上アユ連発 1時間半で早々のツ抜け【兵庫・一庫大路次川】一庫大路次川の釣り場風景(提供:WEBライター・森雨魚)

開始早々ダム湖遡上の17cm

16cmほどの養殖オトリは、ハナカンを通すと元気よく流れを泳いでいく。しばらくなすがままに泳がせていると、いきなり目印が下流へと走り1匹目がヒット!真っ黄色な追星をまとった17cmほどのダム遡上の1番若アユがタモに収まった。

その後、対岸のサオ抜けポイントとなる流れへとループ投入をしてオトリを引き上げた瞬間にナイスヒット!「最高!」今日は無理・無駄のない釣りが展開できそうな予感がみなぎってくる。

対岸を引き・止めの釣りで

幸先良い2ヒットで本日の攻略パターンは、対岸オンリーの引き・止めの釣りと決定!膝下まで水に入り、ターゲットポイントを攻めていく。

半径30~50cmの範囲で引き上げては止め、時折オバセを掛けて若アユを誘発すると、目印が左右に動いて追われて、しばらくしてヒットのパターンが続き、約1時間で13匹をゲット。とにかく楽しい。充実感と満足感の至福を十分に体感することができた。とりあえずツ抜けが出来たこともあって気分は上々だ。

上下流に釣り人が入り身動きとれず

下流部には釣り人が二人いるため、再度釣り始めたポイントヘと戻り、陸橋の下まで釣り上がってみることに。しかし、前日釣友の入川したポイントとあって、掛かりアユのサイズは小さく反応は薄い。やはり、いいアユはしっかり抜かれている。

やむおえず一気に上流部へと移動しようと思った時、上流部に釣り人が入川してこられた。そして、さらに、下流部にも釣り人が入川するというサンドイッチ状態になってしまう。ここでシナリオの展開は一変してしまう。

後半は群れアユ崩しでポツポツ

写真を撮ってから、岩盤エリアのポイントでハリをチラシバリに変更して残り時間の釣りを楽しむという、いたって消極的な釣りへと…。

群れアユが岩盤瀬に群れるのが見えるたびに高まる気持ちを抑えながら、ゆっくりと上流から扇状にポイントに送り込むと、群れと同調して即ヒット。アタリこそシビアだが、まずまず楽しめる。「これもありかな?」と、自分に言い聞かせながら午前中の釣りを終え、正午前に納竿とした。

友釣りで遡上アユ連発 1時間半で早々のツ抜け【兵庫・一庫大路次川】当日の釣果(提供:WEBライター・森雨魚)

次のページで今後の展望を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。