都心で楽しむハゼ釣り 小型中心ながら25尾をキャッチ【佃堀】

都心で楽しむハゼ釣り 小型中心ながら25尾をキャッチ【佃堀】

真夏のような陽気になった6月3日(水)、今シーズン初めて東京都中央区にある佃堀にハゼの様子を見に出かけた。5~10cm25尾のハゼをキャッチした釣行をレポートしよう。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・岩井一彦)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り 小魚釣り

佃堀でハゼ釣り

14時すぎ、同場所のシンボルになっている朱色の佃小橋に到着。満潮で水位が高く、底は見えない。小魚の群れが多い森稲荷神社側の右岸に入釣し、石積み護岸の上から竿を出す。

最盛期には石積み護岸の斜面上にへばり着く、まっ黒なハゼの群れを見られるが、この日は点在する程度で時期尚早の感じ。魚は下にいるものと思い、護岸寄りの底を狙う。

都心で楽しむハゼ釣り 小型中心ながら25尾をキャッチ【佃堀】佃堀の様子(提供:週刊つりニュース関東版 APC・岩井一彦)

当日のハゼ釣りタックル

タックルは1.8mのノベ竿にミチイト0.6号をいっぱいに結ぶ。ハリス0.3号5cm、袖バリ1号をチチワ結びで接続。軸付きセル玉ウキ8mmをゴム管止めした下に中通しセル玉5mmを1個付け、板オモリでウキ全体がゆっくり沈むように浮力調整。エサは生食用ホタテの貝柱を2~3mmくらいにちぎり、チョン掛けにしてハリ先を出す。

ウキ下を1mに取り、護岸際にエサを投入。近くに魚がいれば興味を示して、すぐに追ってくるはず。しかし、アタリがないので投入点を変えながら広範囲を探る。

マハゼ10cmをキャッチ

ウキを前後左右に移動して誘いを入れると、5分ほどしてやっと反応。小刻みに動いたので、そのまま様子を見ると、水中深く、沖へ斜めに引き込む。軽く竿を立ててアワせると、プルッ、プルッときてハリ掛かり。どんぐり目のひょうきんな顔つきをした鉛色の魚体が登場。釣れたのは10cmで、この時期としてはまずまずの型。丁寧に扱いバケツにストックする。

都心で楽しむハゼ釣り 小型中心ながら25尾をキャッチ【佃堀】どんぐり目のハゼ(提供:週刊つりニュース関東版 APC・岩井一彦)

このあと、アタリは多いものの、ハリ掛かりしないことがしばしば。誘いとアワセのタイミングを変えていくと6~7cmがポツポツ釣れた。10尾くらい釣るとアタリが遠くなったので対岸に移動。

デキハゼは高難度

アシ際のゴロタ石の上に7cm未満のデキハゼがチョロチョロしている。ウキ下50cmでエサを落とすと、1投目からひったくるようにアタッたが、ハリ掛りしない。ハリをタナゴバリに交換すると何とか乗せることに成功。それでも魚が小さく釣り落としが多い。

30分粘って5~6cmが5尾とハードルが高かった。

ヘチでテナガエビがヒット

17時すぎ、ストックしておいた魚を放流し、桟橋の整備を終えた住吉神社側の様子を見るために移動。係留されている船を前面に、水中に見えるヘチの鋼矢板の際を探る。水深1.2mで水面より足場が高いため、2.4m竿に変更、仕掛けは同じ。

都心で楽しむハゼ釣り 小型中心ながら25尾をキャッチ【佃堀】ヘチを探る(提供:週刊つりニュース関東版 APC・岩井一彦)

矢板の陰へ静かにエサを落としてアタリを待つ。竿を上下に動かし、エサを躍らせて誘う。すると、ウキがスーッと水中深く引かれた。聞くようにアワセをいれるとツン、ツンとした手ごたえ。「もしや」と思いそのまま抜き上げると全長20cm近くのハサミの長いテナガエビが登場。この堀で釣れるとは驚きだ。

マハゼの時合到来

次はウキがナジむ間もなく竿先が絞られ強い引き込み。竿でいなした後静かに抜き上げると9cmのマハゼ。続けて同じポイントにエサを投入すると動きが活発になる。

時合いを迎えたようで、ひったくるようなアタリもあり、同型が3尾連続ヒット。その後、サイズダウンして7cm前後がポツポツと釣れた。

次のページで最終釣果発表!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。