陸っぱりエギング&ジギングゲームで54cmイナダ【神奈川・通り矢の磯】

陸っぱりエギング&ジギングゲームで54cmイナダ【神奈川・通り矢の磯】

6月7日(日)に神奈川の三浦半島にある通り矢の磯へ釣行した。エギング&ジギングゲームを楽しみ、54cmのイナダと対面できた。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・杉崎勝)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

まずはエギングからスタート

情報がほとんどないので、例年のパターンからエギングとジギング2種類のタックルを持って現地に向かう。4時前に到着して釣り場へ向かうと、満潮と重なりルートが水没している。ウエーダーを着用して慎重に進む。

陸っぱりエギング&ジギングゲームで54cmイナダ【神奈川・通り矢の磯】ポイント図(作図:週刊つりニュース関東版 APC・杉崎勝)

まず、エギングから開始。タックルはミチイトPEライン0.6号に、リーダーはフロロカーボンライン2号、エギはマーブルオレンジ3.5号を使用。

陸っぱりエギング&ジギングゲームで54cmイナダ【神奈川・通り矢の磯】タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 APC・杉崎勝)

潮は三崎港へ向かって流れている。着底を確認してシャクリを繰り返すと、コツンとアタリ。竿先とイトフケに集中していると、ミチイトが動きだす。すかさずアワセをいれると、ズシッと竿に重みが乗る。グングンとアオリイカ特有の感触が伝わってくる。上がってきたのは0.8kgほどのメス。

ジギング転戦でイナダ登場

開始後30分で幸先よくヒットしたので追加を狙うがアタリはない。そこで、ジギングタックルに持ち替える。ミチイトPEライン1.2号にリーダーはフロロカーボンライン8号、ルアーはジグ30g、カラーはブルピンをセット。釣り座正面へキャストし、着底したらシャクリを入れてフォールを繰り返す。

この釣り場は、ボトム付近でヒットすることが多いので、あまりジグを浮かせないように注意しながら周囲をくまなく探る。釣り場の沖にはトリヤマと漁船が多くいることから、青物の気配を感じるがアタリはない。

しばらくキャストを繰り返していると「来た来たっ」と声を上げたのは同行者の大屋心さん(15歳)。やりとりの末、上がってきたのは、丸々と太った54cmのイナダ。自己記録更新といい、満面の笑みがこぼれる。

陸っぱりエギング&ジギングゲームで54cmイナダ【神奈川・通り矢の磯】丸々としたイナダ(提供:週刊つりニュース関東版 APC・杉崎勝)

ヒットルアーはダイビングペンシルでヒットシーンも確認できたと興奮した様子で教えてくれた。通い慣れた釣り場なので、ヒットパターンに固執してしまっていたが、真逆の発想でヒットさせた彼に脱帽。

今後の展望

その後、2尾目となる同サイズを釣り上げ6時半に納竿。次回以降の参考になる、とても貴重な釣行となった。 短時間ではあったが、久しぶりに釣りができて、釣果にも恵まれて楽しめた。

例年、青物の釣果は一度止まり、そのあとワカシサイズが釣れ始めて徐々にサイズアップするようになる。アオリイカは間もなく終わりを迎え、秋ごろからは小型主体の釣りに。

これから夏を迎え気温の高い日が続くので、熱中症対策を十分に行い、無理な駐車やゴミの取り扱いに気をつけて、トラブルのないように釣りを楽しみたい。

<週刊つりニュース関東版 APC・杉崎勝/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
通り矢の磯
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年6月26日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。