夫婦で「ラン&ガン」投げキス釣り 23cm頭に計30匹【鳥取・西部】

夫婦で「ラン&ガン」投げキス釣り 23cm頭に計30匹【鳥取・西部】

6月20日(土)は嫁と2人で鳥取県西部にのんびりと投げ釣りに出掛けてみた。弓ヶ浜と皆生温泉裏の浜では苦戦したが、最後の境水道では23cmを頭に楽しい釣りができたので、その模様をお届けする。

鳥取県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・長谷川靖之)

TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

弓ヶ浜で投げ釣り

午前2時に堺市の自宅を出発する。途中のエサ店で細めのチロリとイシゴカイを仕入れて中国道→鳥取道→山陰道を経由して、米子市弓ヶ浜には午前7時過ぎに到着。

車から荷物を取り出して準備をしていると、ザ~ッと通り雨。慌てて車に避難して雨が止むのを待つことに。30分ほどで西の空が明るくなったので、改めて荷物を担いで浜に出る。すると予想した以上にウネリが入っており、波打ち際で波が砕けていた。

本日のタックルは、投げザオ3.85mに投げ専用の大型スピニングリール。ミチイトはPEライン0.8号でチカライトはPEライン1~6号を繋ぐ。仕掛けは遠投も可能なデルナーテンビン25号の先に、7本バリのキスの引き釣り仕掛けを装着する。モトス2号でハリはアスリートキス5号とした。

夫婦で「ラン&ガン」投げキス釣り 23cm頭に計30匹【鳥取・西部】エサはチロリとイシゴカイ(提供:WEBライター・長谷川靖之)

状況悪く早々に移動

仕掛けにはイシゴカイとチロリを交互に刺し、まずは120m沖に投入する。すぐにシロギス特有のブルンとしたアタリを期待してサオ先に神経を集中させるが、2色(50m)を引いてもアタリが出ない。しかも少しずつ仕掛けに重みが加わる。嫌な予感を持ちながら仕掛けを回収すると、テンビンとハリ先に細かいゴミや海藻が絡まっていた。

次は60m付近に投入して波口まで丁寧に探るが、今度は仕掛けがグチャグチャになって上がってきた。これでは期待できないということでいったん車に戻り、弓ヶ浜よりも米子市内寄りの皆生温泉裏の浜で釣ることにした。

皆生温泉裏へ移動

ここは100m沖にテトラ一文字があるので、テトラの内側は波がなくて釣りやすい。テトラの手前にコントロールよくキャストして仕掛けを引くと、早速シロギスのアタリが出る。さらに10mくらい引いたところでサオ先を引き込む大きなアタリが出た。ここで仕掛けを回収すると、12cmほどのピンギスと20cmの良型が2連。しばらくこのポイントを探ってみようと、嫁に竿を持たせて私はエサ付けと魚外し係に専念する。

最初の一投げでキスが釣れてきたので数が伸びると期待したが、その後もピンギスが1匹、2匹付いてくるくらいで、なかなか多点掛けとはいかない。そこでこのポイントも1時間ほどで見切り、思い切って境水道まで移動してみた。

夫婦で「ラン&ガン」投げキス釣り 23cm頭に計30匹【鳥取・西部】皆生温泉裏の浜にて(提供:WEBライター・長谷川靖之)

最後の境水道は好況

ポイントは鳥取県境港市側の隠岐汽船乗り場付近の岸壁である。境水道のシロギスは水道の中心部の水深があるエリアに群れで生息しているので、遠投が有利である。また型が良いのが特徴なので、今度はハリ数を少なくしてハリのサイズをアスリートキス7号に変更。4本すべてのハリにチロリを刺して、水道の中心目掛けてフルキャストする。

潮は中海から外洋に向けてじんわりと流れており、いい感じである。するとオモリが着底後少し引いたところで、早速シロギス特有のいいアタリが出た。しばらく引いて回収してみると、18~20cmが3連で上がってきた。

2投目はキャストした後で嫁に竿を持たせることにする。するとサオ先をひったくるような明確なアタリが出た。嫁さんも「わ~っ」と大きな声を出して驚いている。回収してみると23cmの良型で、このサイズが釣れるのが境水道の魅力である。

次のページで最終釣果と今後の展望

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。