エギングゲームで700g頭に本命2杯 夜光&ラトルが奏功【愛知・南知多】

エギングゲームで700g頭に本命2杯 夜光&ラトルが奏功【愛知・南知多】

愛知・南知多のアオリイカはゴールデンウィーク明けから釣れ始め、梅雨入りして本格化し、今がベストなタイミングだ。6月14日に700g頭に本命2杯を手中にした釣行をレポートしよう。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・伊藤康二)

伊藤康二

初めまして、伊藤康二(伊藤ちゃん)です。【XESTA】フィールドモニター/【DUEL】フィールドモニターとして愛知県知多半島、三重県南伊勢〜尾鷲をメインフィールドとし、年中イカを追い求め、エギングを中心にイカメタル、ライトゲーム、SLJと活動しています。

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

ラトルエギで400gアオリ

お昼ご飯を食べた後、お腹がいっぱいで眠気が来たが、先ほどのポイントへ移動。今度は上げ潮なので流れは右から左にかわり、上げ潮に乗って濁りが入り酷くなっている。1杯目と同じコースを攻めようと思ったが、濁りが強くなってきているので、少しでも浅い根のエッジを攻める事にした。

理由は、水中でイカが少しでもエギを見つけやすいように浅いポイントを狙うのだ。先ほどと同じ夜光系のエギで攻めるも何か違う気が……。そこで、エギをラトル入りに交換。

エギングゲームで700g頭に本命2杯 夜光&ラトルが奏功【愛知・南知多】ラトル入りのエギにチェンジ(提供:WEBライター・伊藤康二)

すると予感が的中。浅い根のエッジを攻めてくると、「コンッ」と小さなアタリが出た。ワンテンポ遅らせてアワせるも乗らず。そこは慌てずアタリのあったポイントの沖へキャストし、再度同じコースを攻めると、ラインがフッとフケるアタリ。今度はしっかりフッキングし、上がってきたのはクルクル回ってきたので「コウイカ?」と思ったが、秋サイズの400gのオスアオリイカだった。

その後もコースをかえ エギをかえるも無反応。少し休憩をして、夕マヅメまで粘るもさらに濁りが強くなり、無反応のため納竿とした。

今後の展望

今後はサイズダウンするが、例年なら数が釣れる夏アオリイカに移行するはずだ。もちろん6、7月の梅雨の間は春の大型アオリイカのチャンスなので、南知多地区へ通いたいと思っている。

日に日に気温も水温も高くなり、アオリイカも涼しい場所を好むようになるので、それをヒントにポイントを絞り込み南知多のアオリイカを釣ってみてはいかがだろうか。

<伊藤康二/TSURINEWS・WEBライター>

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。