ナマズトップゲームで60cm級含む2尾をキャッチ【愛知・新川水系】

ナマズトップゲームで60cm級含む2尾をキャッチ【愛知・新川水系】

新川水系にナマズトップゲームに出かけた。乗り切らないアタリが連発。苦戦するも、ルアー変更で60cmナマズを手中にした釣行をレポート。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・森田義崇)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ルアー&フライ ナマズ

新川水系でナマズトップゲーム

前回調子の良かった北名古屋市新川水系へ。前々日の雨の影響も落ち着いており、各々の準備を済ませて午後10時すぎぐらいからスタートした。

ナマズトップゲームで60cm級含む2尾をキャッチ【愛知・新川水系】当日のタックル(作図:週刊つりニュース中部版 APC・森田義崇)

60cm級のナマズをキャッチ

柴田氏に各ポイントを教え探ってもらうと、早速「ポシュ!ッ」とバイト。だがサイズが小さいのかフッキングには至らない。何度か柴田氏のジッターバグにバイトはあるがなかなか乗らない。

その様子を見て私は少し音と波動を変え、スィッシャーでシャラシャラと探ると、ゴボッと出た。ひと呼吸おいてフッキング。

なかなか重量感もある。いい引きを楽しみながら慎重にランディング。60cmぐらいの腹ボテナマズをキャッチした。

ナマズトップゲームで60cm級含む2尾をキャッチ【愛知・新川水系】60cm級のナマズ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・森田義崇)

乗らないアタリ連発

その直後、柴田氏にもパコッと出て無事キャッチ。小型だがきれいなナマズだった。

ナマズトップゲームで60cm級含む2尾をキャッチ【愛知・新川水系】ジッターバグでナマズキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・森田義崇)

短時間ということもあり、残り時間でサイズアップを目指す。水門や瀬のヨレなどピンポイントを探っていくと、ポシュ! ポシュ!ッとバイトはあるが小型らしい。

終了間際、最後のピンスポットで柴田氏にド派手なバイト。一瞬フッキングしたが、残念ながらバラしてしまい、今回の釣行は終了となった。

おすすめのPEライン紹介

今回は2人で波動や音の違うタイプのルアーを使い、バイトの出方などいろいろ発見できた。トップウオーターにもいろいろと種類があるので、何パターンか試してみるのもオススメだ。

そして最後に今回オススメするアイテムはライン。ナマズマックスパワーPEライントロピカル。ナマズゲームにおいて、岸際や障害物などのピンスポットを探るため、どうしてもミスキャストで草などに引っ掛かってしまう場合がある。

ナマズマックスパワーPEラインはルアーを回収できる強度と視野性が優れているので、快適にナマズゲームを楽しむことができる。ぜひ一度試してみてほしい。

ナマズトップゲームで60cm級含む2尾をキャッチ【愛知・新川水系】ナマズマックスパワーPE(提供:週刊つりニュース中部版 APC・森田義崇)

これから暑くなり、夕涼みがてらのナマズトップゲームが楽しめる。軽装で始められ、迫力のあるバイトも見られるので、ぜひ挑戦してほしい。

最後にナイトゲームということもあり、駐車など近隣の住民に迷惑をかけないよう、マナーを守って楽しんでほしい。

<週刊つりニュース中部版 APC・森田義崇/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年6月19日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。