「中深海」釣りでアカムツ・アラ・オニカサゴ高級魚三昧【静岡・わし丸】

「中深海」釣りでアカムツ・アラ・オニカサゴ高級魚三昧【静岡・わし丸】

6月6日に浜名湖・遠州新居港のわし丸へ中深海釣りで乗船した。アカムツ全員安打のほか、アラにオニカサゴと高級魚三昧の釣行をレポートしよう。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・植島孝裕)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

わし丸で中深海釣り

中深海釣りでアラを釣りたいOG氏が、事前にわし丸に予約などの手配をしてくれた。OG氏はルアー釣り、私はエサ釣りだ。前日に集合時間を午前3時50分に決め、待ち合わせて出船時間の5時半に港へ到着。

久しぶりに来た港はまだ閉鎖されており、いつもの岸壁から乗り降りできないような状態になっていた。事前に聞いていたので船が係留してある場所で待っているとOW氏が到着して、かなりお久しぶりの対面。また、時間際にKT氏とTI氏も到着して、結局エサ釣り4人、ルアー釣り1人での出船となった。

中深海釣り用の道具を用意する。まずはアカムツを狙うということで準備を開始。ルアーは大ドモに、私は右舷ミヨシに着座となった。道具の準備が完了して、午前6時すぎに船は港を出て一路ポイントへ。久しぶりの遠州灘なので気分も一新。曇っているせいか風が冷たく、半袖・半ズボンでは寒くカッパを着込んだ。

アカムツ船中全員確保

1時間弱でポイントへ到着して、早速アカムツ釣りの開始。トモのルアー釣りのOG氏から投入し、エサ釣りの4人も順に投入していく。潮が緩く、なおかつ最近の人気で場所が荒らされているので、魚影が薄くなってしまっている感がある。

最初の30分はアタリがなく、KT氏がチョウセンバカマを釣るが、狙いのアカムツはない。アカムツは1時間程度しか狙わないので、そろそろ終盤という時にTI氏が釣り、IK氏もなんとトリプルでいいサイズのアカムツを上げる。

「中深海」釣りでアカムツ・アラ・オニカサゴ高級魚三昧【静岡・わし丸】アカムツキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・植島孝裕)

私も同じ流しでアタったようだが、どうも根掛かりと勘違いしてしまったようで、高速で巻き上げてしまったため口の弱いアカムツはバレてしまい、チョウセンバカマしか残っていない。次の投入ではきちんとアタリを取ってアカムツをダブルで上げることができ、船中全員がアカムツの型を見ることができてお土産確保となった。

高級魚アラ登場

次はオニカサゴ、アラを狙うことになり、サオと仕掛けをチェンジして移動。到着して、いきなりTI氏が大型のオニカサゴを一荷(ダブル)で釣って意気揚々。さらに1kgサイズのアラも釣り、当日はTI氏の一人勝ちのようだ。

「中深海」釣りでアカムツ・アラ・オニカサゴ高級魚三昧【静岡・わし丸】アラも姿を見せた(提供:週刊つりニュース中部版 APC・植島孝裕)

私もタナを取って型物を上げたいが、潮が緩くてなかなかアタリが出ない。チョウカ(ノドグロカサゴ)のシーズンにはまだ少し早いようで、あまり食ってこない。小型のオニカサゴに続いて中型も釣れ、なんとかクーラーに収まってくれて格好がついた。途中でクロシビカマスが釣れてくるのは、底が暗い証拠だろう。

移動して投入を繰り返し、底に着いた仕掛けを上げていくと、グングンというアタリ。何かいいものが食ったのかと思って上げてくるとドンコ(チゴダラ)が2匹で、それも巨大だ。ドンコのてんぷらはうまいので歓迎の魚。

今回は天丼を作ってみようかと思いつつ、終了間際にオニを追加。小型でもアタリがあるのはうれしい。

中深海釣りはこれからが本番

最後の流しで根掛かりしてしまったが、KT氏が小型のアラを釣って、大本命のアラは2匹で納竿時間となった。今季初のアラを見られてラッキーだったが、次回は自分のサオにアタることを願いつつ港を後にした。

結局、アカムツ2匹、オニカサゴ3匹、ノドグロカサゴ5匹、ドンコ3匹、チョウセンバカマ1匹。中深海釣りはこれからが旬。ぜひ、釣行してみてほしい。

<週刊つりニュース中部版 APC・植島孝裕/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:わし丸
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年6月19日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。