子連れ「ちょい投げ」釣り 良型シタビラメに子供笑顔【愛知・南知多】

子連れ「ちょい投げ」釣り 良型シタビラメに子供笑顔【愛知・南知多】

5月30日、愛知県・南知多町の内海海水浴場近くの堤防へ、子供と一緒に「ちょい投げ」釣りに出かけた。良型シタビラメと対面できた釣行をお届け。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・高畑光邦)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

内海の堤防でファミリーフィッシング

最近、私もそうだが、仲間たちも同じフィールドへ向かうことが多く、平日の釣果情報が入ってくる。今回もキスがかなり釣れたという情報だったので、家族全員で釣りに行くことにした。

週末は人気のポイントなので、駐車場を確保するために深夜1時に自宅を出発。2時前に到着したが、すでに夜釣り客で数台しか駐車場に止めることができなかった。車中で明るくなるまで待機して、いよいよフィールドへ。

天気が良くなる予報だったので、まずはテントを張る。熱中症にならないように日陰を作ることからスタート。

1投目からキスヒット

2本のファミリー用ロッドにキス仕掛けをセットし、イシゴカイを付けて遠投する。ゆっくり巻きながらキスのアタリを待っていると、1投目から私と息子にキス。その後もキャストするたびにキスが釣れてくる。

子連れ「ちょい投げ」釣り 良型シタビラメに子供笑顔【愛知・南知多】キスダブルで笑顔(提供:週刊つりニュース中部版 APC・高畑光邦)

大漁間違いないと確信したが、潮が小潮なためか食いが渋くなった。

良型シタビラメ登場

そこでイシゴカイを1匹付けにしてアピールすると、これが大正解。息子のロッドが曲がる。しかも大物だ。私も手伝って上げたのは、今までに見たことがない超大物のシタビラメ。無事キャッチした息子は大喜びだ。

子連れ「ちょい投げ」釣り 良型シタビラメに子供笑顔【愛知・南知多】大物にサオが曲がる(提供:週刊つりニュース中部版 APC・高畑光邦)

この作戦後、シタビラメが4匹釣れた。シタビラメはムニエルにするとすごくおいしいため、うれしいゲストだった。午前10時には全くアタリがなくなったため納竿した。

子連れ「ちょい投げ」釣り 良型シタビラメに子供笑顔【愛知・南知多】シタビラメに大満足(提供:週刊つりニュース中部版 APC・高畑光邦)

海水浴も楽しめる

キスは10~15cmとまだまだ小さいが、これから大きくなるので楽しみだ。また15cm級のサバの群れが回遊しているので、サビキ仕掛けを持参すれば数釣りも楽しめる。サバは朝マヅメに沖から回遊してくるため、朝マヅメは外せない。サバのポイントはできるだけ沖側。キスは手前の砂地が好ポイントになる。

子連れ「ちょい投げ」釣り 良型シタビラメに子供笑顔【愛知・南知多】ライジャケで海水浴(提供:週刊つりニュース中部版 APC・高畑光邦)

この日は気温が高く、海水浴に来ている家族も多かった。そこで私たちも子供たちにライフジャケットを着用させて海水浴を楽しんだ。ライフジャケットは小さな体を浮かせてくれるので安心だ。泳げない子供には着用させたい。熱中症対策のために水分はたくさん用意しよう。

子連れ「ちょい投げ」釣り 良型シタビラメに子供笑顔【愛知・南知多】釣った魚に舌鼓(提供:週刊つりニュース中部版 APC・高畑光邦)

<週刊つりニュース中部版 APC・高畑光邦/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
内海海水浴場近くの堤防
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年6月19日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。