敦賀沖イカメタルで40cm超マイカ メタルラインがキモ【福井・豊漁丸】

敦賀沖イカメタルで40cm超マイカ メタルラインがキモ【福井・豊漁丸】

例年より早く、マイカが開幕し、しかも3ケタ釣果が上がるなど、爆釣が続いている。5月21日、福井県敦賀市色ケ浜の豊漁丸に乗り、イカメタルでマイカを狙った。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 福島忠明)

TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

豊漁丸でイカメタルゲーム

当日は、午後4時に豊漁丸が出船する色ケ浜に到着。同船予定の石川さんと合流し、席決めの後、道具を船に積み込み、午後5時すぎに出船した。

気になる最近の釣況だが、前週は多い人でマイカとスルメイカを合わせて90匹、前々週はなんと300匹を超える釣果を得る人も出ていた。最近は、数は落ち着いたものの、型の良いものが釣れているため、期待を膨らませながら準備を進めた。

新兵器のチタンリグシステム

午後6時ごろポイントに到着。水深は80m超と深く、鉛スッテは船中統一20号でスタートとなった。

今回の釣りでは、新兵器を試した。Bae feel(ベイ・フィール)ブランドのチタンリグシステムだ。金属ラインを使用した仕掛けで、伸びがなく、線径もモノフィラのハリスの0.8~1.5号相当と細いので、潮の抵抗を受けず、感度が抜群に良いそうだ。

敦賀沖イカメタルで40cm超マイカ メタルラインがキモ【福井・豊漁丸】ベイフィールのチタンリグシステム(提供:週刊つりニュース中部版 福島忠明)

胴長25~40㎝超が大半

周囲が薄暗くなり、集魚灯が点灯。イカの群れが寄るまで、今しばらくと思っていた矢先、同船した石川さんにヒット。いきなり胴長25cmほどの良型マイカだ。

敦賀沖イカメタルで40cm超マイカ メタルラインがキモ【福井・豊漁丸】船中初弾のマイカ(提供:週刊つりニュース中部版 福島忠明)

その後も石川さんは、ポンポンと3連打でマイカをキャッチ。すべて底スレスレでヒットしたとのことだ。私もこれに倣って、底付近でしつこく粘っていると、スッテが底に着く直前にフワリとティップが戻った。「これは」と思いアワセを入れるとフッキング。遅ればせながら当日最初のマイカをキャッチした。

その後も釣果を重ねるうちに、重量感抜群のイカがヒット。グイグイと強烈に引く相手に、「ひょっとしてスルメ?」と思ったが、上げてびっくり、胴長で軽~く40cmを超えるビッグなマイカだった。

敦賀沖イカメタルで40cm超マイカ メタルラインがキモ【福井・豊漁丸】開始後しばらくしてパラソル級(提供:週刊つりニュース中部版 福島忠明)

次のページでメタルラインのメリットを解説

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。