のんびりボート釣行でアジ&チヌ狙い 本命登場に笑顔【大分県】

のんびりボート釣行でアジ&チヌ狙い 本命登場に笑顔【大分県】

5月17日、大分市・弁天港からいつもの小アジ釣りからカワハギ釣りの予定で釣行。私は、反転カゴを使ったチヌ・マダイ狙いの仕掛けも準備して釣行に臨んだ。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・甲斐英一郎)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

大分・弁天港から船釣り

5月17日、大分市・弁天港から午前4時30分に通称「5本杭」に向けて村山さん所有の船で出港。

前日の夕方、釣具のイヴで購入したオキアミ半角とアミ半角を自然解凍し、密閉バケツに入れ持参し、小アジ釣りからカワハギ釣りを予定しての釣行だ。船長はカワハギ狙いの専用ザオに、仕掛けとエサで釣りをしている。

のんびりボート釣行でアジ&チヌ狙い 本命登場に笑顔【大分県】船長はカワハギ狙い(提供:週刊つりニュース西部版 APC・甲斐英一郎)

置きザオにチヌヒット!

今回は私が反転カゴを使ったチヌ・マダイ狙いの仕掛けを準備し、朝マヅメのアジが見えなくなってからオキアミ生を詰め投入。ウキも付けず、じっくり沈めながら流し大きくシャクり、反転カゴをひっくり返してつけエサと同調するようにしていく。

私は何投目からか置きザオにしたところ、サオが手元から落ちたので、あまり気にせず巻こうとしたら重たい、重量感がある。じっくり巻いて手繰り寄せたところチヌだった。船で釣るにはちょっと浅い場所だったが、「よく釣った」と村山さんも喜んでくれた。

のんびりボート釣行でアジ&チヌ狙い 本命登場に笑顔【大分県】狙い通りチヌをキャッチ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・甲斐英一郎)

当日使用した仕掛け

今回の小アジのサビキは、リアルアミエビの小アジ8号と、昔からある白スキン10号、ハリス3号、ミキイト5号を使用してマヅメに入れ食い。

のんびりボート釣行でアジ&チヌ狙い 本命登場に笑顔【大分県】小アジのサビキ仕掛け(作図:週刊つりニュース西部版 APC・甲斐英一郎)

チヌの方は反転カゴ8号、ハリス3号。エサはオキアミでまきエサから取った。

のんびりボート釣行でアジ&チヌ狙い 本命登場に笑顔【大分県】チヌ・マダイの反転カゴ仕掛け(作図:週刊つりニュース西部版 APC・甲斐英一郎)

8時30分ごろには終了し、帰港した。なお、ライフジャケットは自動膨張式のもので、国土交通省型式承認のものをウエストに巻いて使用。これまでと違い圧迫感なくスムーズな釣りができた。

最後に、通常は弁天港では関係者以外立ち入り禁止となっている。

のんびりボート釣行でアジ&チヌ狙い 本命登場に笑顔【大分県】イケスにはアジも多数(提供:週刊つりニュース西部版 APC・甲斐英一郎)

<週刊つりニュース西部版 APC・甲斐英一郎/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年6月5日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。