あなたのタックルボックス見せてください:サーフで青物狙うアングラー

あなたのタックルボックス見せてください:サーフで青物狙うアングラー

私はサーフからジグなどのルアーを使って青物を狙う事が多い。釣りのスタイルにはあまり拘らず、その場で釣れるサカナを釣って海を楽しむ派のため、多くのサーフアングラーとは持ち込んでいる釣り具が異なっていると思う。そんな筆者のタックルボックスを紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・永井航)

Wataru_Nagai

はじめまして。釣りの守備範囲は金魚から大型青物まで!大学では海洋生物を専攻していたので多角的な分析もしたいと思います。

×閉じる

ソルトルアー ショア

フローティングベストに収納

サーフでは場面によってはランガンをする事もあるため、フローティングベストに釣り具を収納している。私は釣りスタイルよりも、「釣ってナンボ」タイプの釣り人なので、多くの種類の釣り具をフィールドに持ち込んでいるのが特徴だ。

私のフローティングベストには5カ所の大きなポケットがあり、そこにそれぞれルアーなどのアイテムを収納している。

あなたのタックルボックス見せてください:サーフで青物狙うアングラーフローティングベストに収納(提供:WEBライター・永井航)

出番の多いジグ類

まず紹介したいのは青物狙いでメインを張る事が多いジグだ。ジグは右胸の大きなスペースに収納する。ケースは100円ショップのものだ。もう、かれこれ2~3年の間、壊れることなく使っている。

あなたのタックルボックス見せてください:サーフで青物狙うアングラー右胸のケース(提供:WEBライター・永井航)

フックは前後とも装着

ルアーは基本的にフロント、リアともにフックを付けている。フックが絡まるのでは?という声もありそうだが、適当にガチャガチャやれば大抵外れる。

それを蓄光、30g、40g以上と分けている。現在はライトショアジギング向けの軽量なタイプがメインだが、対象魚やタックルなどによって120gまでのジグを釣行前に選択し入れかえている。

あなたのタックルボックス見せてください:サーフで青物狙うアングラージグ類(提供:WEBライター・永井航)

ハリ先に注目

フックについては、ハリ先が爪に引っ掛かる程度に研ぎ直す事は多いが、軸の方の錆びなどはそこまで気にしていない。釣行ごとにフックをかえるような方からすれば、泡を吹いて倒れてしまう事案かもしれない。

しかし、メーター級のシイラやブリ、60cmまでのカンパチ(ショゴ)相手にフックが原因で不覚を取った事は今のところないので、当面はこの調子でいくつもりだ。

使用ジグは10個程度

持ち込むジグの個数は少ない方だと思う。いつも12個程度しか持ち込まない。以前は多く持ち込んでいたが、ぶっちゃけ私は多く持ち込んでも、せいぜい10個くらいのジグしか使っていないため、持ち込み量をどんどん削減した結果だ。

あなたのタックルボックス見せてください:サーフで青物狙うアングラージグ用のケース収納(提供:WEBライター・永井航)

ジグはアピール度で選ぶ

また、使うジグのカラーは多くの方の定番がブルピンだと思う。しかし、私自身、単純にルアーでの青という色がそんなに好きでないので使わない。念のため持っている程度だ。

また、ジグに関して言えば、「アピールしてナンボ」だと思っているため、フラッシングが強そうな物をメインに使う事が多く、購入時の決め手もギラギラ度を意識している。

安価なジグが中心

これはまだ検証途中だが、ジグはミノーなどのプラグと異なりマニュアル感が強く、活かすも殺すも釣り人の腕次第ではないかと考えている。そのため、メーカーに関してもジグだけは、どこでもいいと最近思っている。

ジグコーナーの床のケースに入れられている300円程度で売られているような物を最近は多用しているが、釣果に問題はない。もう少し様子をみて大丈夫そうなら順次、経済的な安価なジグにかえていくつもりだ。

あなたのタックルボックス見せてください:サーフで青物狙うアングラー安価なジグ(提供:WEBライター・永井航)

なお、特性が被らないようにロングジグかショートジグか、フロント、センター、リア、左右対称、非対称かなどのバランスは確認するようにしている。

次のページでプラグや弓角を紹介

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。