ファン待望の『ワンタッチ缶』FLサイズで東京湾コマセマダイ釣りを攻略

ファン待望の『ワンタッチ缶』FLサイズで東京湾コマセマダイ釣りを攻略

プラビシ・カゴのリーディングカンパニー、サニーからコマセマダイ釣りに大人気のプラビシ「ワンタッチ缶」。従来のLサイズに加え、ファン待望のFLサイズが新発売。実釣を含めて、同商品の魅力に迫った。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版・佐藤)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

東京湾コマセ使用規則に適応

関東を代表するマダイポイントの剣崎沖をはじめ神奈川県では、「使用するまき餌かごの大きさはLサイズ(外径5.5cm以下、長さ16cm以下)」、オキアミコマセは使用できる海域および、使用量が3kg以内の規則がある。また、千葉県海面における遊漁のルールでも、東京湾内(南房総市大房岬と神奈川県三浦市剣崎灯台を結ぶ線以北)の船釣りでは、3kg以内と決められている。この使用量に最適なビシの大きさがFLというわけ。

ファン待望の『ワンタッチ缶』FLサイズで東京湾コマセマダイ釣りを攻略コマセ使用量が3kg以内の規則に最適なサイズ(撮影:週刊つりニュース関東版・佐藤)

ワンタッチ缶の特徴

『ワンタッチ缶』最大の特長は、その名の通り、片手でワンタッチ開閉できる点。コマセの詰め替えが素早く行えるので、時合を逃すことなく、投入回数が増えることでターゲットと出会えるチャンスがアップ。

ファン待望の『ワンタッチ缶』FLサイズで東京湾コマセマダイ釣りを攻略片手でワンタッチ開閉可(撮影:週刊つりニュース関東版・佐藤)

Lサイズに比べスリムで潮流の影響を受けにくい。タナまで急速落下。一般のステンカンと違い、ボディー側面に凹凸がなく、シャクリ時の抵抗感が少ない。マダイ釣りにおけるコマセワークは〝ポロポロ〟が基本。別売りの「ワンタッチ缶専用留め栓」を使うことで、放出量の調整が誰でも簡単にできる。

なお、コマセを詰める量は、ビシの半分~8分目が目安。パンパンに詰めるのは極端に出が悪くなるので要注意。

ファン待望の『ワンタッチ缶』FLサイズで東京湾コマセマダイ釣りを攻略FL80号とライトマダイ用の40号(右)が追加(撮影:週刊つりニュース関東版・佐藤)

次のページでコマセの放出イメージを徹底解説!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。