紀州釣りで30cm台クロダイ複数手中 ボラがチャンスの合図?【常滑港】

紀州釣りで30cm台クロダイ複数手中 ボラがチャンスの合図?【常滑港】

4月7日は大潮で満潮が午前5時30分。満潮前後がいい愛知県の常滑港に的を絞って、クロダイ狙いの紀州釣りに出かけた。30cm台のクロダイ複数尾を手中にした釣行をレポート。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・日間賀島波止釣友会・中村輝夫)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

常滑港で紀州釣り

さっそくコマセ作りに入る。今回はダンゴ釣り(紀州釣り)用だ。ウキダンゴXをベースに細びきさなぎとオカラだんごを加え、最後にアミエビ500㏄と海水350㏄を入れて満遍なくかき混ぜれば完了。5、6個握ってポイントに投入する。つけエサはマルキユーのくわせオキアミスペシャルチヌをセレクトした。

釣り開始は午前9時30分すぎ。干潮は午前11時30分なので、今は下げ潮真っただなか、タナ取りがうまくいかないが、9投で何とか合わせることができた。

紀州釣りで30cm台クロダイ複数手中 ボラがチャンスの合図?【常滑港】釣り場の様子(提供:週刊つりニュース中部版 APC・日間賀島波止釣友会・中村輝夫)

潮の流れは左から右。よってウキはダンゴ投入点よりできるだけ左へ飛ばせるように工夫する。またラインも右に速く流れていくので、遅らせるようにサオ先を左に持っていく。早く来ている釣り人はみなフカセ釣り。どちらに軍配が上がるのだろうか。

ボラ回遊後に38cm本命登場

反応がない時間が過ぎるなか、下げ潮止まりから30分ほどしたときにウキが動いた。本日初のアタリだ。数秒後、アタリが出たところで大きくアワセを入れると、いきなりラインが走った。

「えっ!」と思った途端にジャンプするのはエサ取りのボラ君。30cm級なので一気に抜き上げてリリースした。

ボラが回ってきたのでひょっとすると、と思って投入。20分後、予想通りにアタリが出た。ボラか、本命か。ドキドキしながら次にくる本アタリを待っていると、ウキがスーッと海中に消えた。これは本命のアタリだ。パワー全開で逃げようとするクロダイだが、2分ほどで勝者は私に。まずまずの38cmをゲットした。

攻めの釣りで37cm追加

すぐ次が釣れることはない常滑港、辛抱が続く。あまりアタリがないとワンストロークの時間が長くなってしまうが、こんなときこそこまめに仕掛けを上げてエサを交換すること。攻めに徹しよう。

残り数投を残すダンゴの量になった午後3時すぎ、ここでアタリが出た。ゆっくり海中に入っていく様子はまさにクロダイアタリ。反応した途端に大きくサオが曲がり、次の瞬間リールのレバーが回転した。

まずまずの引きに満足しながら、やり取りを楽しむ。無事タモに収まったクロダイは37cmの腹パン。なんとか2匹釣れたので納竿とした。

次ページで3日後の釣行をレポート

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。