乗っ込みマダイ狙いテンヤ&タイラバゲームで大型浮上【福岡・木鶏丸】

乗っ込みマダイ狙いテンヤ&タイラバゲームで大型浮上【福岡・木鶏丸】

4月上旬、乗っ込みマダイを狙いに福岡市西区姪浜港・木鶏丸で壱岐沖へと釣行した。同船のホームページでは良型マダイ、青物、アマダイと魅力的な画像が掲載されており、期待に胸が膨らむ。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 高原稔)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

木鶏丸でマダイ狙い

例年、この時期はタイラバでの釣行がほとんどなのだが、今シーズンはひとつテンヤタックルでの釣行を重ね、より「掛けた感」「釣った感」を楽しんでいる。

航程90分ほどで壱岐沖のポイントに到着。周囲を見ると、手釣りの人が半分を占めている。水深は90m前後のため、テンヤは、「紅牙タイカブラTG(タングステン)SSエビロック」12号をセットする。

乗っ込みマダイ狙いテンヤ&タイラバゲームで大型浮上【福岡・木鶏丸】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 高原稔)

船長からは「時合いまでは厳しいよ」と言われていたので、ボトムで何か魚がアタればラッキーという思いで投入してみた。数回繰り返しても反応がなかったため、やむを得ずタックルを変更。

テンヤとタイラバを使い分ける

電動リールにセットしたタイラバヘッドに、エビラバ専用仕掛け「紅牙遊動テンヤ替え針SS+エビラバ」をセットする。このタックルならばボトムはエビエサで、中層は電動巻きで対応できることから、単発の魚を効率よく狙うのに適している。

乗っ込みマダイ狙いテンヤ&タイラバゲームで大型浮上【福岡・木鶏丸】使用した仕掛け(提供:週刊つりニュース西部版 高原稔)

30分ほどして同様のエビラバ仕掛けを使用していた同行者にレンコダイがくる。30cmはゆうに超える良型だ。自分にはアタリがなかったが、船内でぽつぽつとアタリがでだしたことから、電動のタックルを仕舞い、始めのひとつテンヤタックルに持ち直す。12号のカブラで、ボトムがとても分かりやすかったため、フリーフォールが有効な10号のテンヤに付け直す。

1kg本命&ネリゴ手中

なかなかアタリが出せないまま、10mほど巻き上げたところで「ガッ、ガッ!」と待望のアタリがでた。ロッドを叩きながら上がってきたのは1g超ほどのマダイ、ホッと胸をなでおろした。しばらくして、再び魚がテンヤに食いついてきたが、これはかわいいネリゴ。

乗っ込みマダイ狙いテンヤ&タイラバゲームで大型浮上【福岡・木鶏丸】ネリゴもヒット(提供:週刊つりニュース西部版 高原稔)

「あと1時間で納竿で~す」という船長のアナウンスが聞こえた数分後、中層からフリーフォールを繰り返した8号のタングステンテンヤに「モゾモゾ」という違和感を感じた。この日は全般的に追い気が渋かったことから、テンヤを気持ち送り込んでアワセを入れる。

大型オスマダイ浮上

すると、ずっしりとした魚が動かない手応え。念のため、再度アワセを入れてみると、途端に魚が走りだした。ラインはPEライン0.6号(紅牙センサー12ブレイドEX)なので、ドラグは約500gにセットしている。3~4分はラインの出し入れの繰り返しで、なかなか巻き上げ続けることができなかったが、少しずつ巻き取れるラインが増えていく。

リールに搭載されているATD(オートマチックドラグ)の効果は大きく、例え500g程度のセットであっても、アワセのような急激な動きには強めに効き、マダイの引きにはしっかりと追随してくれるのだ。さらにラインが勢い余って出過ぎることもないので、フックアウトの確率が非常に低い。

乗っ込みマダイ狙いテンヤ&タイラバゲームで大型浮上【福岡・木鶏丸】良型浮上(提供:週刊つりニュース西部版 高原稔)

慎重なやり取りを10分ほど続け、この時期特有のオスのマダイがタモに収まった。

<週刊つりニュース西部版 高原稔/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
木鶏丸
出船場所:姪浜港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年5月1日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。