陸っぱりライトゲーム&エギング堪能 メバルにアオリと2大ターゲット手中

陸っぱりライトゲーム&エギング堪能 メバルにアオリと2大ターゲット手中

4月頭、1人でいろんな魚を求めるべく、長崎県平戸市の生月島を目指した。ライトゲーム・ショアジギ・エギングと、陸っぱりのルアーフィッシングを楽しんだ。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

漁港で陸っぱり

仕事を終え、夕マヅメに向けて生月島のゴロタ浜を歩く。まずはヒラスズキでもと思ったが、前日の暴風から一転、ナギになってしまいサラシがない状況。夕マヅメは残念な結果である。足場の悪いゴロタを歩いたので汗びっしょりになり、最近の運動不足を解消した点は良かった。

今度は、漁港に移動してエギングである。いつもは盛況の漁港もひっそりとしている。1時間ほど貸切の漁港でロッドを振ったが、海面にびっしりとプランクトンが漂っており、ラインに絡みつく。ライトゲームはジグヘッドが落ちていかず、釣りにならない。

陸っぱりライトゲーム&エギング堪能 メバルにアオリと2大ターゲット手中使用したタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

20cm超えメバル連発!

夕方から午後8時すぎまで全く魚を見ていないのでそろそろほしいところ。3か所目の漁港に移動すると、ここに先行者は1人だけ。アジをサビキで狙っている様子。

離れた位置で私はライトゲーム。ヘッドライトで照らしてみると岸壁沿いに良型メバルの姿が!よしよし、ようやく魚を確認。メバル向けのベイトフィッシュに似たワームをセットし、岸壁沿いにトレース。

すぐに「コツン」とアタる。乗らなかったので今度は少し沈めスピードに気を遣いリトリーブ。そして「グン」と強い引き。「ジー」とドラグが鳴り、ラインが出ていく。サイズが良いのでよく引いてくれる。24cmをキャッチし、連続ヒットしたメバルはすべて20cm以上と楽しめた。

陸っぱりライトゲーム&エギング堪能 メバルにアオリと2大ターゲット手中グッドサイズが楽しませてくれた(提供:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

翌朝はエギングでアオリ手中

湯を沸かし、カップラーメンとおにぎりで夕食。釣り場で食べる食事は最高である。車中泊して翌朝は青物かエギングの予定。午前5時前に起床し、漁港でエギングするもいっこうにアタリなし。プランクトンは消えたがイカは留守のようだ。すると青物らしきボイルが目の前で起こり、車に戻って急いでタックルを準備したが、バイトは得られなかった。

何とかイカをと思い、地磯で2投目。ラインが走りようやくジェット噴射!500gほどとかわいいサイズだが苦労した分、喜びは大きい。

陸っぱりライトゲーム&エギング堪能 メバルにアオリと2大ターゲット手中嬉しい一杯(提供:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

最後に地磯周りの地形を見て回り、次回の釣行を楽しみに岐路に就いた。気兼ねなく楽しめない状況であるが、また報告したいと思う。

<週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
生月島
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年5月1日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。