トップウォーターシーバスゲームでセイゴ連発キャッチ【三重・四日市港】

トップウォーターシーバスゲームでセイゴ連発キャッチ【三重・四日市港】

ベイエリアの人気ターゲットといえばシーバス。ところがそんな人気者も、少しサイズが小さくなるだけで途端に外道扱い。3月下旬の夜、そんなセイゴを狙って三重県四日市市の四日市港に出かけてみた。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

四日市港でライトロックから

シーバスは折しもバチ抜けシーズン真っ盛りとあって、実績ポイントは大勢のアングラーでひしめき合っている人気ターゲットだ。

千歳地区のふ頭に到着したのは午後7時半ごろ。当日は雨上がりということもあってか、周囲には誰もいない。ガラ空きのポイントに車を横付けし、常夜灯に照らされた水面を見れば散発するライズ。風もなく最高の条件だ。

トップウォーターゲームの前にちょっとだけメバルをチェック。1gのジグヘッドで水面直下を探ると、10分もしないうちに5匹キャッチできた。

そこからレンジを下げていくと、今度はカサゴが連発。どちらもサイズは18cmまでと小ぶりだが、状況は悪くないようだ。

トップウォーターシーバスゲーム

メバル&カサゴで準備運動を済ませたところで、いよいよトップウォーターシーバスゲームのスタートだ。ラインの先にセットしたのは小さなペンシルベイト。

ジグヘッドでも普通に釣れるが、せっかくの常夜灯周りなんだから水面炸裂を楽しみたい。という訳で、ここから先はトップウォーターの釣りだ。

トップウォーターシーバスゲームでセイゴ連発キャッチ【三重・四日市港】タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

ドッグウォークで20cmセイゴ

先発は、先日のタチウオでも活躍してくれたピグミーペンシル。着水したらサオ先を小刻みに動かしながらリールを巻き、ルアーをジグザグに泳がせていく。ドッグウォークと呼ばれるアクションだが、明るい場所では見切られないよう少し速めの動きがいい。

数m泳がせたところでいきなりの水面炸裂。サイズがサイズなので迫力はないが、全てが丸見えの釣りは面白い。

3度目のバイトでヒットしたのは20cmほどのセイゴ。タックルはメバル用なので、このサイズでも十分に楽しめる。ヒョイと抜き上げて、まずは1匹。

トップウォーターシーバスゲームでセイゴ連発キャッチ【三重・四日市港】一匹目は20cm級(提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

30cm級ヒット連発

今回はリリース前提なので魚体のダメージは最小限に抑えたい。フックはもちろんバーブレス。魚だけでなく人にも優しいのは言うまでもないが、手袋や衣服に刺さっても簡単に抜ける。

ここからヒット連発。ドッグウォークだけでなく、引き波を立てながらのタダ巻きにもヒットしてくる。その半数以上が30cm級で、メバルタックルをグイグイと絞り込んでくれる。

トップウォーターシーバスゲームでセイゴ連発キャッチ【三重・四日市港】安定のレッドペッパーマイクロ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

同じルアーばかりではつまらないので、ユラペンやレッドペッパーマイクロ、五目ペンシルなど手持ちのものを次々とローテーションしながらヒットを重ねていく。あっという間の2ケタ釣果。

ミスバイトやバラシも多いが、バイト数はその5倍くらいあるので全く気にならない。むしろリリースの手間を考えれば、足元でうまく外れてくれる魚は大歓迎だ。

貸切トップウォーターゲームに大満足

9時半ごろになると潮が緩み、ライズも収まってきた。誘いをかければ食ってくるが、キリがないのでここで終了。実釣時間は1時間少々だが、貸切ポイントでこれだけ楽しめれば大満足だ。

このセイゴのトップウォーターゲームは、水面さえ穏やかなら高確率で楽しめる。今回は顔を見せなかったが40cmオーバーも交じってくるので、ネットなども用意しておくといいだろう。

<週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
四日市港
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年4月24日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。