解禁2日後のヒメマス実釣レポート 例年よりタナ上ずる?【山梨・西湖】

解禁2日後のヒメマス実釣レポート 例年よりタナ上ずる?【山梨・西湖】

山梨県の西湖で、今年もヒメマス釣りが解禁。春シーズンは3月20日から5月31日まで。解禁2日後に釣行した。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・藤崎信也)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ボート釣り

西湖でヒメマス狙い

幻の魚「クニマス」がすむ湖、山梨県の西湖。分類学上はヒメマスの亜種とされ、秋田県田沢湖にのみ生息していた固有種だったが、1940年に玉川からの引水により絶滅したとされる。しかし、2010年に京都大学調査チームにより、同湖でその生息が確認された。絶滅前に移植していた個体群が生き延びていたのだ。

同湖では、ボート釣りの時間がこまかく決められていて、3月末までは、6時出船、15時帰着。4~5月は5時出船、17時となっている。東岸にあるボート店で受け付けを済ませ、湖岸で釣りの準備をしながら出船時刻を待つ。

タナの見極めがキモ

この釣りでもっとも大切なことはタナ。これが違うとまったく食ってこない魚だ。解禁日は強風のため出艇中止で情報はない。魚探を見ながら、湖岸を右回りに湖央へとこいで行く。

解禁2日後のヒメマス実釣レポート 例年よりタナ上ずる?【山梨・西湖】ポイント図(作図:週刊つりニュース関東版 APC・藤崎信也)

魚影が確認できた初音沖のブイにボートを係留して釣り開始。魚探に反応がある水深12mを中心に、上下2m3つの仕掛けを下ろし様子を見る。

解禁2日後のヒメマス実釣レポート 例年よりタナ上ずる?【山梨・西湖】タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 APC・藤崎信也)

仕掛けは丸セイゴ5号5本バリのサビキ仕掛け、オモリはナス型20号。エサは紅サシを使用した。

群れが回り本命7尾連釣

すべての仕掛けを下ろし終えて5分、竿が二度しなったあとテンションがなくなった。ヒメマス特有の食い上げるアタリだ。釣れたのは20cmほど。同湖では平均サイズ。食ってきたのはタナ10m。

そこで、その付近に仕掛けを集中させてアタリを待つ。すると、すぐに反応がでて、3本の竿が同時にお辞儀を始めた。群れが回ってくると大忙しなのがヒメマス釣りの特徴。15分ほど、バタバタとアタッて16~21cm7尾。

群れが遠のくと、アタリはピタリと止まり静寂が訪れる。寄せエサが禁止されているので、この時間が長い。タナを確認し、仕掛けを上下させて待つ。

回遊に合わせヒット続く

スタートこそよかったが、その後は群れが回って来ない。そこで、魚探を確認しながら付近をウロウロ。反応のあった近くのブイにボートを係留して釣りを再開。

すると、ここでもバタバタと最初は釣れたものの、その後は沈黙。次に取った手は、以前よく釣れた実績のある湖央のブイに移動。群れを待つことにする。20~30分間隔で、2~4尾ずつ釣れる状況が続く。

そのうち、ベタナギだった湖面に風が吹くようになり、10時ごろから強くなってきた。正午少し前に、これ以上は危険と判断し納竿。釣果は、14~24.5cm23尾。平均サイズは18~20cm。ひとケタ釣果が多かったなかでまずまず。

例年よりタナが上ずる

例年なら水深15~20mがタナのように思うが、今年は暖冬の影響か、すでに水深10mまで上がってきている。例年では4月中旬ごろの状況だろうか。

解禁2日後のヒメマス実釣レポート 例年よりタナ上ずる?【山梨・西湖】湖央付近の様子(提供:週刊つりニュース関東版 APC・藤崎信也)

また、いつもならワカサギクラスの12cm前後が交じるところ、15cm以下は4尾と型はよかった。制限尾数には達しなかったが楽しめた。

<週刊つりニュース関東版 APC・藤崎信也/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
西湖
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年4月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。