ボート五目ゲームでシーバスにメッキ&タチウオ入れ食い【名古屋港】

ボート五目ゲームでシーバスにメッキ&タチウオ入れ食い【名古屋港】

色鮮やかに花々が咲き誇り、うららかな陽気に心が弾む春。3月22日の夜、釣り仲間の高橋さんが所有するボートで名古屋港ナイトボートゲームを楽しんだ。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・川中みちよ)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

温排水口でメッキ狙い

潮は新月前の中潮。満潮からの下げ潮狙いで、愛知県・飛鳥村の筏川から午後6時に出船となった。そろそろ桜の開花も目前だというのに、強い春北風(はるならい)が冷たく頬を切る。同行者は高橋船長の他、ユーチューバー「まるけーちゃんねる」のまるけー君と実業家笠井君の若手2人。そして本紙APCの浅井さんだ。

まず向かったのは風裏となる温排水口。照明の当たるエリアでメッキとサバを狙う。メッキは黒潮に乗って運ばれてくる南方系のヒラアジ類の幼魚の総称で、冬の水温低下に耐えられないため死滅回遊魚と呼ばれる。だが、温排水口周りでは越冬する個体もいて、今回狙うのも、そういった魚たちだ。

開始早々メッキが次々

若手2人はミノー、私はワームでスタート。開始早々から20~25cm級のメッキが次々とヒットし、船上には歓声が上がる。水面には無数のライズが見られ、魚の活性も高そうだ。

ボート五目ゲームでシーバスにメッキ&タチウオ入れ食い【名古屋港】メッキが次々(提供:週刊つりニュース中部版 APC・川中みちよ)

ここで浅井さんが、ルアーをペンシルベイトに付け替えてくれた。小刻みなトゥイッチで水面をジグザグに泳がせるというのだが、これが意外に難しい。船長と浅井さんからラインテンションのオンオフを意識するようアドバイスをもらい、何とかコントロールできるようになってきた。

ボート五目ゲームでシーバスにメッキ&タチウオ入れ食い【名古屋港】メバルも登場(提供:週刊つりニュース中部版 APC・川中みちよ)

トップウォーターでもヒット

すると予想通り、メッキが水面から顔を出し、勢いよくルアーに飛びついた。トップウォータープラグは初めてだったが、小さなメッキとはいえ迫力がすごい。

ボート五目ゲームでシーバスにメッキ&タチウオ入れ食い【名古屋港】サバもゲット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・川中みちよ)

途中からメッキの中に25cmほどのサバも交じり始め、メッキと同様にペンシルベイトにヒットしてくる。若手2人は船長のアドバイスで明暗の境目を狙い、シーバスやヒラセイゴもキャッチ。もう入れ食い状態だ。

ボート五目ゲームでシーバスにメッキ&タチウオ入れ食い【名古屋港】ヒットしたメッキ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・川中みちよ)

次のページでタチウオ狙いに転戦

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。