家族連れでライトロックゲーム 足元から20cm超アラカブ【大分】

家族連れでライトロックゲーム 足元から20cm超アラカブ【大分】

3月12日、大潮。今回は私と妻、息子の3人で大分県佐伯市蒲江へライトロックゲームに行った。久しぶりに家族3人での釣行なので、それだけでも楽しい。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・岡田賢一)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

河内港でメバリング

この日は満潮が午後8時20分ごろであり、満潮前後を攻めていく形となった。私はメバリングを本格的に初めて3回目の初心者であるが、皆さんが夢中になるのが分かる、楽しい釣りだ。現地へ6時30分に到着。

現地へ向かうまで、釣りの話はもちろん、それ以外の会話をしながらドライブするのも楽しかった。

家族連れでライトロックゲーム 足元から20cm超アラカブ【大分】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・岡田賢一)

まずは竹野浦河内にある河内港から釣りを開始する。今回も常夜灯周囲にイワシのような小型ベイトが大量に発見できたので、期待せずにはいられない!私は3000番のリールを使っているが、このリールでいろいろな釣りを兼用させているので、メバリングにしては大きいと思う。メバリングのみの釣りをするのであれば2000番ぐらいで良いので、これからメバリングを始める人は参考にしていただきたい。

6時40分から、1gのジグヘッドにワームをつけて釣り開始。ベイトが多い常夜灯周囲を探っていく。メバルだけでなく、ヒラセイゴやアジも見えていたが、ヒットしない。1時間ほどプラグ(ミノ―)やメタルジグなどをチェンジして粘ったものの、結局はジグヘッドで20cm級のアジが1尾、私にヒットしたのみであった。1尾だけ持って帰るのも料理に困るので、海にお帰りいただいた。

▼この釣り場について
河内港

生命感あふれる畑野浦漁港に移動

次に畑野浦漁港へ行った。ここもイワシのような小型ベイトが大量だった。しかもチャポチャポと、カマスと思われる魚が所々で暴れていた。

ワクワクしながらプラグなどで挑戦してみたが、この日はヒットに持ち込めなかった。10分ほどで魚の気配も消えてしまった。

20cm超アラカブ登場!

あまりに釣れないので嫌な気がしてきたが、ジグヘッドで足元を狙っていた息子のサオにガツーンとヒット。待望の20cmオーバーのアラカブだ。同じように足元を狙うと、今度は私のサオにガツーンと同サイズのアラカブがヒットした。

家族連れでライトロックゲーム 足元から20cm超アラカブ【大分】ポイント図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・岡田賢一)

その後、私のサオに30cm級と思われるアラカブがヒットしたが、すぐにバラしてしまった。1人1尾ずつ食べたかったが残念。この日はメバルは1尾も釣れず、うまくいかないことが多かった。釣れないこともあり、寒さが気になりだした8時40分に納竿とした。この日の釣果(キープ分)はアラカブ2尾であった。釣果は微妙であったが、久しぶりに家族で釣行できたのがうれしかった。

<週刊つりニュース西部版 APC・岡田賢一/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
畑野漁港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年4月3日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。