ロックフィッシュゲームでカサゴ連釣 秘訣はバス用ワーム?【名古屋港】

ロックフィッシュゲームでカサゴ連釣 秘訣はバス用ワーム?【名古屋港】

いまだに釣れているらしいタチウオの様子を見に行こうと、愛知県弥富市の名古屋港西3区に足を向けたのは3月7日。現地到着は午後6時だ。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

名古屋港でロックゲーム

名古屋港西3区に到着すると、アングラーは誰1人おらず、嫌な予感。しばらく探ってみるも反応がない。当然ターゲット変更。この時期遊んでくれる相手としては、セイゴ&ロックフィッシュが手堅い。しかし水面を凝視してもセイゴの姿は見当たらない。よってロックゲームに決定だ。

ロックフィッシュゲームでカサゴ連釣 秘訣はバス用ワーム?【名古屋港】タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

まずはレベリングヘッド1g+スパテラ2inchで護岸の足元をフォールで探る。しかしベイトの気配もなく、釣れない気配。そのうちどんどん潮位が下がってきた。人気ポイント+低潮位+低活性で「悪条件のフルコースやあ~」と言う言葉が出そうになるが、足元以外はまだ探っていないためキャストして広範囲をサーチする。

かわいいカサゴ顔見せ

1gのレベリングヘッドをボトムまでフォールさせ、シェイクに近い小刻みなリフト&フォールで誘っているとようやくヒット。スパテラを丸のみにしたのはかわいいカサゴだ。

ロックフィッシュゲームでカサゴ連釣 秘訣はバス用ワーム?【名古屋港】スパテラを丸のみ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

少しずつキャストレーンをズラしながら数匹追加。ボトムのカサゴは健在でホッとする。気を良くしてジグヘッドを0.5gに軽くしてみるも、飛距離が出ないため、探れる範囲が狭く効率が悪い。再度1gに戻し、ワームのカラーチェンジで数匹追加。しかし、潮位は輪をかけて低くなり、完全にシャローの岩礁帯と化したポイントにはジグヘッドは危険すぎる。あっという間にロストするのが目に見えている。

「イモグラブ」で探る

ここでバッグから取り出したのは、4inchグラブだ。テールをカットし前後を逆にしてオフセットフックに装着。そう、俗にいうイモグラブのノーシンカーリグだ。イモグラブをロックフィッシュ狙いで使用するのがちょっぴり流行中。オフセットフックを使用すれば、スナッグレス性能は抜群。フォールも遅く、スローに魚の目の前を通せるため、考えれば考えるほどメリットしか見当たらない。

ということで早速試してみる。カラーは昔の琵琶湖の定番ウォーターメロンシードと言いたいところだが、すでに変色して茶色っぽくなっているイモグラブにオフセットフックをセット。ノーシンカーリグでキャストしてみる。フォールは遅めだが、すでにシャローと化しているポイントでは苦にならない速度だ。

根掛かり知らずで連釣

あっという間に着底。ボトムで泳ぐカニをイメージしながら、チョンチョンとアクションさせるとバイト。かわいいカサゴが口いっぱいにワームをほおばって上がってきた。こんなサイズも釣れるのか。

ロックフィッシュゲームでカサゴ連釣 秘訣はバス用ワーム?【名古屋港】ワーム口いっぱい(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

バルキーなボディーだがソフトなマテリアルなので、食い込みはいい。広く探ると、さっきまでの渋さがウソのように反応がいい。しかも根掛かり知らずで快適だ。

ジグヘッドと同じ感覚でバイトが出るが、1つ異なる点がある。それはフォール中にもバイトがコツコツ手元に伝わってくる点だ。これはスローなフォールが可能であってこそなせる業だろうが思わぬ副産物で面白い。

次のページで40cmセイゴをキャッチ!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。