娘と二人でシロアマダイ釣り 父より良型を釣りドヤ顔【ともわ丸】

娘と二人でシロアマダイ釣り 父より良型を釣りドヤ顔【ともわ丸】

3月8日、娘と焼津市・小川港のともわ丸の午後船でシロアマダイを狙った。父よりも良型の本命を娘が釣り上げ、ここぞのドヤ顔を披露された。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・鵜沢淳)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

ともわ丸にてシロアマダイ釣り

午後2時、ともわ丸に集合した釣り人は10人。娘が釣り座のクジを引き、右舷の4番(私)と5番(娘)に決まった。

早速シロアマダイ釣りの準備を始める。軟らかめの船ザオに電動リールをセットし、片テンビンに水中ライトとオモリ100号を垂らす。仕掛けはハリス5号3m、ハリは丸セイゴ15号3本(娘は2本)で、チモトに夜光玉を入れたオリジナルだ。エサはオキアミを用意した。

用意ができて出港。20分ほどでポイントの大井川沖に到着した。ポイントは多少風があるがウネリは少なくいい感じだったが、風と波の波長がバラバラで、船は変な揺れ方だった。

この日は水深60~80mを攻める。船長の合図で投入。タナは底から3m以内。オモリが着底したらイトフケを取り、軽くゆっくりとサオをあおりながら30cmずつ誘い上げていく。3mまで誘ってアタリがなかったら、もう一度落として誘う。何度か誘うと小さなアタリがあったがフッキングしなかった

まずはキダイがお出迎え

娘は底から2m上げて置きザオにし、船の揺れを誘いにする。「きた!」と言って巻き上げたのは、10cmほどのリリースサイズのキダイだ。

娘と二人でシロアマダイ釣り 父より良型を釣りドヤ顔【ともわ丸】良型キダイにVサイン(提供:週刊つりニュース中部版 APC・鵜沢淳)

私にもアタリがきて、こちらもリリースサイズのキダイ。すぐに次を落とすと、誘い上げたときにいいアタリがきた。そのまま巻き上げると、小型のアマダイだった。

ここで深場の80mのポイントに移動。ここではキダイが入れ食いになった。エサを落としてイトフケを取るとアタリが出る。だが、ほとんどがリリースサイズ。オッと思うとリリースサイズのダブルだ。だが、なぜか娘は良型のキダイを連発していた。

キダイばかりだったので、また浅い場所に移動となる。今度はキダイのアタリは遠くなったが、底取りと誘いがしっかりできるようになった。

良型イトヨリ浮上

誘い上げたときに強烈なアタリがきた。そのまま巻き上げるがリールがうなる。すぐにドラグを調整してドキドキしながら巻き上げたのは、50cm超の大型イトヨリだ。

娘と二人でシロアマダイ釣り 父より良型を釣りドヤ顔【ともわ丸】筆者に大型イトヨリがヒット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・鵜沢淳)

しばらくすると、またいいアタリがきた。良型キダイかなと思って巻き上げると、25cmの小型のシロアマダイが釣れた。

その後もリリースサイズのキダイがよく釣れる。隣の娘もキダイを釣って楽しんでいたが、その娘のリールがうなった。「ン?」と思って見てみると、サオもいい感じに曲がり、リール音もいい。一応タモを用意して待っていると、上がってきたのは私のより一回り大きい30cmのシロアマダイ。周りの大人も驚き、娘はドヤ顔だった。

次のページで最終釣果を発表!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。