カサゴからメバルの季節へ 春のライトロックゲーム【静岡・田子港】

カサゴからメバルの季節へ 春のライトロックゲーム【静岡・田子港】

3月7日(土)、静岡西伊豆の田子港で、ライトロックゲームを楽しんだ。この時期の西伊豆は夜カサゴからメバルに切り替わり、20㎝級のメバルが好反応してくれた。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 野地文雄)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

妻良港のカサゴは不発

釣行当日は早い時間に到着、暗くなるのを待った。まずは、釣行するたびに調子がよかった妻良港でカサゴを狙うつもりだが、干潮に向けて潮が下げていく時間帯なので、潮位が気になる。このタイミングでいい結果はあまりでないからだ。

日が落ちてからタックルを準備。目の前の護岸からチェックしてみる。常夜灯に照らされた海底はとても浅い。明かるすぎるうえに浅すぎて反応なし。

すこし横に移動して、水深があるエリアを狙ってみても、まったくアタらない。諦めて堤防へ行ってみると雰囲気は悪くなさそう。しかし、これまで入れ食いになった場所でもアタリはまったくなかった。嫌な予感がしながらも、別の護岸へ移動。いつも良型が姿を見せてくれるのだが、結果は同じ。

田子港へ移動

「夜カサゴの時期は終わったのかもしれない」と思いながら西伊豆の田子港へ移動。

カサゴからメバルの季節へ 春のライトロックゲーム【静岡・田子港】夜のカサゴはそろそろ終盤か?(提供:週刊つりニュース関東版 野地文雄)

田子港の実績は高く、いつも釣果に恵まれる。潮位は下がり切っており、狙える雰囲気。しかしリフト&フォール、そしてキャスト&リーリングでのボトムトレースでも、まったく気配はない。

「もうメバルに切り替わったのかもしれない」と、例年、この魚がヒットするエリアをピンポイントで探ってみる。すると、予想通りヒット。カサゴがピークの時期には反応しなかったのに、メバルが食ってきた。

ボトムで20㎝級メバルをキャッチ

潮位が下がっているので、ボトムに潜んでいる魚を狙う。カサゴと同じようにルアーを着底させ、そこからゆっくりとリフト。カサゴにはこの繰り返しだが、メバルはそこから横へ移動。上下の動きだけでは反応しない場合は、横の動きを加えることによってリアクションバイトすることがある。

浅い場所では再びフォールさせるが、水深があるエリアでは(1)リフト(2)横移動(3)リフトを何度か続けて、(4)再びフォール。これを繰り返す。

この日はこれが当たりだったようで、20cm級メバルを5尾キャッチすることができた。夜カサゴは終盤で、メバルに切り替わった印象だ。

<週刊つりニュース関東版 野地文雄/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
田子港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年3月20日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。